手続一覧

不動産の鑑定評価に関する法律

<不動産鑑定士試験>

 1.申込
 2.合格証明書の発行
 

<不動産鑑定士・不動産鑑定士補>

●平成30年9月14日より申請・届出等に際して、申請者(日本国籍を有しない者を含む。)の住所のある市区町村が住民基本台帳ネットワークシステムに加入しているか否かに関わらず、住民票と住所地が異なる場合を除き、住民票の抄本の提出が必要となりますので、ご注意ください。

 0.登録等手続Q&A         

 1.不動産鑑定士の登録        

 2.不動産鑑定士補の登録     

 3.変更の登録                

 4.死亡等の届出              

 5.登録の消除                

 6.登録の証明

 

<不動産鑑定業者(国土交通大臣登録)>

●平成30年9月14日より申請・届出等に際して、個人の登録申請者及び専任の不動産鑑定士(日本国籍を有しない者を含む。)は、それぞれの住所のある市区町村が住民基本台帳ネットワークシステムに加入しているか否かに関わらず、住民票と住所地が異なる場合を除き、住民票の抄本の提出が必要となりますので、ご注意ください。

 0.登録等手続Q&A

 1.登録

 2.更新の登録

 3.登録換え

 4.変更の登録

 5.廃業等の届出

 6.登録の証明
 7.法令等の様式(都道府県知事登録)

<事業実績等の報告>
 0.事業実績等報告Q&A 
 1.国土交通大臣登録業者用 
 2.都道府県知事登録業者用 
 3.事業実績等報告作成システム(お知らせ)
  

<実務修習機関>
   0.実務修習機関登録の手引き

 1.登録                     

 2.登録の更新               

 3.登録事項の変更の届出     

 4.実務修習業務規の認可または変更認可                                     

 5.実務修習業務の休廃止の許可

 6.実務修習機関の事業報告書等の提出

 7.実務修習の状況の報告   
  

 <不動産鑑定士等の団体>

 1.届出                     

 2.届出事項の変更の届出     

 3.解散の届出               

       

ページの先頭に戻る