都市防災

都市防災対策の概要

  •  平成7年1月の「阪神・淡路大震災」は、大地震に備えて普段から防災都市づくりを進めていくこと、とりわけ木造密集市街地の改善を進めていく重要性をあらためて示しました。地域社会のあらゆるところで防災を心がけることが必要ですが、とりわけ都市計画には、被害を出さない・最小限に止める市街地を実現するという大事な役割が期待されています。
    国土交通省では、震災後、従来の対策を総点検し強化するとともに「密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律(密集法)」の制定をはじめ、防災都市づくりに関する新しい施策を展開してきました。加えて、平成10年度から平成14年度まで防災都市づくりをいっそう支援するための総合技術開発プロジェクト「まちづくりにおける防災評価・対策技術の開発」を行いました。

ページの先頭に戻る