ホーム >> 政策・仕事  >> 都市  >>  テレワーク

テレワーク

テレワークの概要

ICT(情報通信技術)を活用した場所にとらわれない柔軟な働き方であるテレワークは、家庭生活との両立による就労確保、高齢者・障害者・育児や介護を担う者の就業促進、地域における就業機会の増加等による 地域活性化、余暇の増大による個人生活の充実、通勤混雑の緩和等、様々な効果が期待されている。

トピックス 

テレワークに関するコンテンツ

政府の取り組み

テレワーク推進の工程表

クリックすると大きく表示します

 政府においては、平成25年に世界最先端IT国家創造宣言を閣議決定(平成28年5月20日改定)し、その実現へ向け具体的取組を明記した工程表において、関係各省等が連携しながら、「平成28年までに、労働者に優しいテレワーク推奨モデルの構築・普及を図る。」「平成32年には、テレワーク導入企業を平成24年度比で3倍、週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワーカー数を全労働者数の10%以上にし、また、こうした取り組みを含めた女性の就業支援等により、第一子出産前後の女性の継続就業率を55%、25歳から44歳までの女性の就業率を73%まで高める。」という目標に向け、テレワークの一層の普及拡大に向けた環境整備、普及啓発等を推進しているところである。

 ※なお、「週1日以上終日在宅」のテレワークのみならず、時間単位の在宅勤務や自宅外でのモバイルワークなど柔軟な働き方が進みつつあることから、平成28年度においては、 テレワーカー全体(雇用型及び自営型)の実態等を調査し、KPI の再設定を検討する。


 また、平成17年度に設立した産官学からなるテレワーク推進フォーラムにおいて、テレワークの円滑な導入や効果的な運用に資する調査研究及び普及活動を展開している。


 国土交通省 都市局 都市政策課においては、テレワークによる働き方の実態やテレワーク人口の定量的な把握、多様な働き方等を実現するテレワークセンター等の普及に向けた取組を行っている。

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。