屋上庭園の維持
トップページに戻る
国土交通省屋上庭園は作られてから、10年以上が経過しています。
屋上庭園はどのくらい長く維持されるものなのか、国土交通省屋上庭園の事例とともにご紹介します。

昔の屋上庭園は今どうなっているの


2001年4月撮影

2013年8月撮影
植栽基盤はしっかりしたものを使い、正しくメンテナンスを行えば屋上でも緑を長期間維持することができます。

屋上庭園の植栽基盤

国土交通省屋上庭園では試験的に土の量を変えた試験区を造成しています。

2002年6月撮影

2014年3月撮影
土壌の厚さ5cmの試験区では、当初セダムを植栽していました。その後雑草の勢いに圧されて少なくなりましたが、現在でもキリンソウ等のセダムは生育しています。

屋上庭園の池・流れ

国土交通省屋上庭園の池・流れを2013年3月に更新しました。

2002年4月撮影

2013年8月撮影
施工当初は、ヤゴ等の水生生物や鳥の水浴びが見られていました。しかしその後、ため池部分に雑草が入り込み水が溜まらない状態になってしまいました。
2013年3月に池・流れの更新を行い、水面がしっかりと見えるようになったので、またヤゴや鳥の水浴び等が見られるようになりました。
屋上庭園池・流れの更新作業
テキストメニュー
 国土交通省屋上庭園トップページ  屋上緑化の効果に注目
 生物相の回復の実態  屋上庭園施設の概要
 環境にやさしい資材  季節の変化を見てみましょう
 熱環境の改善効果  飛来・生息生物確認一覧
 生物相の回復の実態の調査結果  屋上庭園を長く維持するために
 屋上庭園池・流れの更新作業  屋上・壁面の更新上の留意点
 よくある質問と回答  パンフレット
 ダウンロードページ
国土交通省 都市局 公園緑地・景観課のホームページへ