飛来・生息確認生物一覧
トップページに戻る 生物相の回復の実態に戻る

飛来・生息確認生物一覧(平成13年3月〜平成27年11月)


昆虫類
目名 科名 種名 備考
トンボ イトトンボ ムスジイトトンボ 22年度に初見
アジアイトトンボ
サナエトンボ ウチワヤンマ 18年度のみ上空通過
トンボ シオカラトンボ 当初13年から27年度まで確認
オオシオカラトンボ(ヤゴ) 26年度に初見
ウスバキトンボ 14年度以降確認
コシアキトンボ
チョウトンボ 注目種(NT)。16〜18年度以降確認。滞在時間短い
ナツアカネ 注目種(旧C)。13年度のみ幼虫を確認
アキアカネ
ノシメトンボ 16年度に初見
ヤンマ クロスジギンヤンマ 26年度に初見
ギンヤンマ 27年度に初見
カマキリ カマキリ ハラビロカマキリ 25年度に初見
コカマキリ 15年度以降は未確認
チョウセンカマキリ 14年度以降確認
オオカマキリ 14年度以降は少数。18年度以降は未確認
バッタ コオロギ ハラオカメコオロギ
ミツカドコオロギ 多数。当初から17年度まで確認
クマコオロギ やや湿った場所を好む。16年度以降は未確認
エンマコオロギ 当初13年から27年度まで確認
ツヅレサセコオロギ 13年度のみ
ヒバリモドキ マダラスズ 16年度までは多数。18年度以降は未確認
シバスズ 当初13年から27年度まで確認
マツムシ アオマツムシ 13年度のみレッドロビン生垣において確認
カネタタキ カネタタキ 17年度に初見。18年度以降多数
キリギリス セスジツユムシ 15年度から多数。22年度は未確認
ツユムシ 当初は多数。減少傾向。22年度は未確認
ウスイロササキリ 16年度以降は未確認
ホシササキリ 22年度に初見
クビキリギス 15年度春に越冬個体を確認
クサキリ 当初6年連続確認
バッタ ショウリョウバッタ 17年度に初見。22年度はやや多い
クルマバッタ 26年度に初見
コバネイナゴ 25年度に初見
ツマグロイナゴ やや湿った場所を好む。13年度は多数。14年度以降は減少し、17年度以降は未確認
オンブバッタ オンブバッタ 当初6年連続確認
ヒシバッタ コバネヒシバッタ 15年度以降は未確認
ヒシバッタ
ハラヒシバッタ 25年度に初見
ハサミムシ ハサミムシ ハマベハサミムシ
カメムシ ウンカ ゴマフウンカ 25年度に初見
ヒメトビウンカ 14年度に初見
ニセトビイロウンカ 14年度のみ
セジロウンカ 27年度に初見
コブウンカ 25年度に初見
グンバイウンカ ミドリグンバイウンカ 18年度に初見
オヌキグンバイウンカ 25年度に初見
アオバハゴロモ トビイロハゴロモ 27年度に初見
グンバイムシ プラタナスグンバイ 25年度に初見
アワダチソウグンバイ 25年度に初見
ヘクソカズラグンバイ 26年度に初見
セミ アブラゼミ 17年度まで3ヶ年いずれもソヨゴに飛来
ミンミンゼミ 18年度のみ
ニイニイゼミ 13年度のみ。新しい抜殻を確認
アワフキムシ シロオビアワフキ 25年度に初見
ハマベアワフキ 18年度に初見
モンキアワフキ 27年度に初見
アオズキンヨコバイ アオズキンヨコバイ 25年度に初見
クロヒラタヨコバイ クロヒラタヨコバイ 14年度以降多数
オオヨコバイ ツマグロオオヨコバイ 16年度のみ
オオヨコバイ
ヨコバイ オオトガリヨコバイ 25年度に初見
トガリヨコバイ 26年度に初見
クロミャクイチモンジヨコバイ 25年度に初見
ヒシモンヨコバイ
ツマグロヨコバイ 26年度に初見
クロサジヨコバイ 26年度に初見
アブラムシ クリオオアブラムシ 17年度のみ
アオヒメヒゲナガアブラムシ 13年度のみ
イバラヒゲナガアブラムシ 25年度に初見
ソラマメヒゲナガアブラムシ 25年度に初見
オカボキバラアブラムシ 25年度に初見
アメンボ ヒメアメンボ 13年度の夏に幼虫を多数確認。以降は未確認だったが18年度以降確認
カタビロアメンボ ケシカタビロアメンボ 25年度に初見
ホルバートケシカタビロアメンボ 26年度に初見
マキバサシガメ ハネナガマキバサシガメ 13年度に多数。25年度以降に確認
サシガメ ヤニサシガメ 16年度のみ
イトカメムシ イトカメムシ 17年度に初見
マダラナガカメムシ ヒメヒラタナガカメムシ 25年度に初見
ニッポンコバネナガカメムシ 25年度に初見
コバネナガカメムシ 25年度に初見
ヒメナガカメムシ 25年度に初見
アムールシロヘリナガカメムシ 25年度に初見
ナガカメムシ ヒメオオメカメムシ 13年度のみ
ヒゲナガカメムシ
コバネヒョウタンナガカメムシ 13年度のみ
メダカナガカメムシ 13年度のみ
カタカイガラムシ カメノコロウムシ 27年度に初見
ルビーロウカイガラムシ 26年度に初見
ヘリカメムシ ホソハリカメムシ 成虫幼虫ともに多数。当初6年連続確認
ハリカメムシ
ヒメヘリカメムシ スカシヒメヘリカメムシ 13年度のみ
アカヒメヘリカメムシ 15、26年度に確認
ブチヒゲヘリカメムシ 13年度は多数
カメムシ ウズラカメムシ 13年度のみ多数
ブチヒゲカメムシ 27年度に初見
ムラサキシラホシカメムシ 13、22、26年度に確認
マルシラホシカメムシ 17年度のみ
シラホシカメムシ
クサギカメムシ 16年度のみ
ツマジロカメムシ 25年度に初見
チャバネアオカメムシ 15年度のみ
エビイロカメムシ エビイロカメムシ 14年度のみ多数
カスミカメムシ ツマグロアオカスミカメ 26年度に初見
ウスモンミドリカスミカメ 25年度に初見
キジラミ ヤナギキジラミ 25年度に初見
イナズマキジラミ 25年度に初見
キヅタキジラミ 25年度に初見
サツマキジラミ 25年度に初見
ミズキクロスジキジラミ 25年度に初見
ミズキキジラミ 27年度に初見
アミメカゲロウ クサカゲロウ ヨツボシクサカゲロウ 14、26年度に確認
コウチュウ オサムシ ニセマルガタゴミムシ
ゲンゴロウ チビゲンゴロウ 16年度以降は多数
チャイロチビゲンゴロウ 25年度に初見
コガネムシ ビロウドコガネ 17年度に初見
アオドウガネ 26年度に初見
ヤマトアオドウガネ 14年度は未確認。多数
セマダラコガネ 15年度以降確認
マメコガネ 15年度のみ
コアオハナムグリ 当初13年度から26年度に確認
シロテンハナムグリ
コメツキムシ サビキコリ 16年度に初見。22年度は多数
クロクシコメツキ 17年度のみ
テントウムシダマシ ヨツボシテントウダマシ 13年度のみ
テントウムシ ヒメアカホシテントウ 26年度に初見
ココノホシテントウ 17年度のみ
ナナホシテントウ 成虫幼虫ともに冬季まで多数が活動。
ナミテントウ
ダンダラテントウ 17年度に初見
ヒメカメノコテントウ 13年度に多数。当初6年連続確認。14年度以降は数が減少し、22年度は未確認
クロヘリヒメテントウ 13年度のみ
ムツボシテントウ 26年度に初見
キイロテントウ 27年度に初見
カミキリムシ ゴマダラカミキリ 13年度のみエゴノキの根元にて
ハムシ ウリハムシモドキ 13年度のみ
ウリハムシ 15年度以降は未確認だったが、22、26年度に確認
クロウリハムシ
ヨモギハムシ 当初13年から27年度まで確認
ハッカハムシ 注目種(旧DD)。やや湿った場所を好む。ミントを食害。13年度は多数。14年度は減少。15年度以降は未確認
クロボシツツハムシ 14年度以降多かったが、17年度以降は未確認
コガタルリハムシ 25年度に初見
アカクビボソハムシ 27年度に初見
ヤマイモハムシ 13年度のみ
ブタクサハムシ 16年度のみ
キボシルリハムシ 14年度のみ
ゾウムシ アルファルファタコゾウムシ 25年度に初見
サビヒョウタンゾウムシ 17年度以降は未確認だったが、25、26年度に確認
チビコフキゾウムシ 25年度に初見
クロニセクチブトキクイゾウムシ 17年度のみ
チビゾウムシ ウスイロチビゾウムシ 26年度に初見
オサゾウムシ シバオサゾウムシ 14年度のみ
ハチ ミフシハバチ チュウレンジバチ 13年度のみ
ルリチュウレンジ
ハバチ ハグロハバチ
シモツケマルハバチ 18年度のみ
セグロカブラハバチ
カブラハバチ 14年度のみ
ツチバチ キオビツチバチ 16年度に初見
ヒメハラナガツチバチ
オオハラナガツチバチ 16年度のみ
キンケハラナガツチバチ 13年度のみ
ハラナガツチバチ 15年度のみ
アリ アシナガアリ 25年度に初見
オオハリアリ
クロオオアリ 22年度はやや多い
ハリブトシリアゲアリ 26年度に初見
クロヤマアリ 15年度以降
トビイロケアリ
アメイロアリ 16、26年度に確認
アミメアリ 17年度のみ
トビイロシワアリ
ドロバチ スズバチ 15年度には営巣確認
オオフタオビドロバチ 18年度のみ
スズメバチ フタモンアシナガバチ 15年度以降に飛来するが少数
セグロアシナガバチ 例年、狩りおよび巣材の採取に飛来。17年度以降個体数多い。当初13年から26年度まで確認
コアシナガバチ 26年度に初見
オオスズメバチ 16年度に初見
キイロスズメバチ 15年度のみ
クロスズメバチ 22年度のみ。クモが増えたためか
ハキリバチ オオハキリバチ
キホリハナバチ 17年度のみ
バラハキリバチ
スミゾメハキリバチ 26年度に初見
バラハキリバチモドキ
コシブトハナバチ ニッポンヒゲナガハナバチ 当初から17年度まで確認
クマバチ 15年度および17、18年度は多数
ミツバチ トラマルハナバチ 17年度のみ
コマルハナバチ 18年度のみ
ニホンミツバチ 17年度に初見
セイヨウミツバチ 当初6年連続確認
コマユバチ アオムシコマユバチ 26年度に初見
ムネアカツヤコマユバチ 25年度に初見
ハエ ガガンボ クチバシガガンボ 13、26年度に確認
ヒメガガンボ マエモンヒメガガンボ 25年度に初見
ケバエ ハグロケバエ
ムシヒキアブ アオメアブ
シオヤアブ
アシナガバエ アシナガキンバエ 18年度のみ
ハナアブ クロヒラタアブ
オビヒラタアブ 13年度のみ
マルヒラタアブ 14年度のみ
ホソヒラタアブ 当初13年から27年度まで確認
キゴシハナアブ 22年度に初見
シマハナアブ
ハナアブ 14年度までは多数
ナミホシヒラタアブ 減少傾向
アシブトハナアブ 16年度までは多数
エゾコヒラタアブ 減少傾向
オオハナアブ 14年度までは多数、その後減少傾向。当初13年から25年度まで確認
ヒメヒラタアブ 当初13年から27年度まで確認
キイロナミホシヒラタアブ
ヤチバエ ヒゲナガヤチバエ 13年度のみ多数
クロバエ オオクロバエ 16年度まで多数
トウキョウキンバエ 15年度のみ
ミドリキンバエ 25年度に初見
ツマグロキンバエ 14年度以降多数
ヤドリバエ ブランコヤドリバエ
イエバエ アシマダラハナレメイエバエ 26年度に初見
ニクバエ センチニクバエ 25年度に初見
ハナバエ ホシハナバエ 25年度に初見
フンバエ ヒメフンバエ 25年度に初見
ミバエ ヒラヤマアミメケブカミバエ 26年度に初見
マルズヤセバエ マエジロアシナガヤセバエ 25年度に初見
チカイエカ 25年度に初見
チョウ ミノガ チャミノガ 15年度のみ
ニトベミノガ 15年度以降多数。22年度は少ない
ツトガ ツトガ 22年度に初見
ツゲノメイガ
シバツトガ 25年度に初見
ベニフキノメイガ 16年度のみ
シロオビノメイガ
メイガ クロモンキノメイガ 27年度に初見
シロマダラメイガ 27年度に初見
セセリチョウ イチモンジセセリ 当初13年から27年度まで確認
チャバネセセリ 14年度以降
キマダラセセリ
アゲハチョウ アオスジアゲハ
クロアゲハ 15年度のみ
ナミアゲハ 幼虫は13年度のみ。14年度は未確認。22年度は産卵を確認
シロチョウ モンキチョウ 17年度のみ
キチョウ 26年度に初見
モンシロチョウ 6年連続確認。個体数は少ない
シジミチョウ ルリシジミ
ウラナミシジミ 16年度のみ
ベニシジミ 15年度は未確認
ヤマトシジミ 多数。当初から22年度まで確認
タテハチョウ ミドリヒョウモン 15年度は14年度より多数
ツマグロヒョウモン 18、26年度に確認
アカボシゴマダラ 27年度に初見
キタテハ
ヒメアカタテハ
アカタテハ 22年度に初見
スズメガ クロメンガタスズメ 25年度に初見
オオスカシバ コクチナシを食害。当初13年から25年度まで確認
ホシホウジャク
ホシヒメホウジャク 22年度のみ
ドクガ チャドクガ 15年度のみ
ヒメシロモンドクガ 15年度のみ
ハマキガ チャノコカクモンハマキ 27年度に初見
昆虫類10目88科261種

鳥類
目名 科名 種名 備考
スズメ ツバメ ツバメ
セキレイ ハクセキレイ
ヒヨドリ ヒヨドリ
ツグミ ジョウビタキ
イソヒヨドリ
ツグミ
シジュウカラ シジュウカラ
メジロ メジロ
アトリ カワラヒワ
ハタオリドリ スズメ
カラス ハシブトガラス
ハト ハト キジバト
カワラバト(ドバト) 外来種
鳥類2目10科13種

テキストメニュー
 国土交通省屋上庭園トップページ  屋上緑化の効果に注目
 生物相の回復の実態  屋上庭園施設の概要
 環境にやさしい資材  季節の変化を見てみましょう
 熱環境の改善効果  飛来・生息生物確認一覧
 生物相の回復の実態の調査結果  屋上庭園を長く維持するために
 屋上庭園池・流れの更新作業  屋上・壁面の更新上の留意点
 よくある質問と回答  パンフレット
 ダウンロードページ
国土交通省 都市局 公園緑地・景観課のホームページへ