公園とみどり 国土交通省 都市局 公園緑地課
主な施策 基本情報 報道発表資料 関連リンク サイトマップ
主な施策
国営公園
日本の国営公園
国営公園の制度の概要
国営公園の果たす役割
豊かさへの取り組み
環境の保全と創出
歴史・文化の保存と継承
地域づくりへの貢献
先導的な技術開発
効率的な事業展開
 
ホーム > 主な施策 > 国営公園 > 国営公園の果たす役割 > 環境の保全と創出

環境の保全と創出

都市圏の“緑の核”を守り、大切に育てます

  多摩の雑木林を造ろう(国営昭和記念公園)
多摩の雑木林を造ろう(国営昭和記念公園)
既往樹木の利用(国営昭和記念公園)
既往樹木の利用(国営昭和記念公園)
湿原の乾燥化の進む沢田湧水地では、貴重な生物を守るため、水位を守るなどの保護対策を実施(国営ひたち海浜公園)
湿原の乾燥化の進む沢田湧水地では、貴重な生物を守るため、水位を守るなどの保護対策を実施(国営ひたち海浜公園)
バードサンクチュアリ(国営昭和記念公園)
バードサンクチュアリ(国営昭和記念公園)
子供たちが土に触れあう芋掘り体験(国営みちのく杜の湖畔公園)
子供たちが土に触れあう芋掘り体験(国営みちのく杜の湖畔公園)

国営公園は大規模な敷地と立地条件を活かして、緑の保全・創出と回復を図り、また動植物の保護と育成も行っています。

大規模な緑は生活に潤いと安心を与えます

国営武蔵丘陵森林公園は、およそ300haで、武蔵野の雑木林を活かして設置され、首都圏の貴重な緑地となっています。

国営公園の管理運営には市民も参加しています

国営公園では様々な緑の情報提供を行っています。また、パークモニター制度の導入や地域イベントの開催を通して、市民参加による緑の環境づくりを進めています。

地球環境を視野に入れて総合的に活動しています

国営公園は、樹林の形成や自然生態の復元、資源・廃棄物の有効利用など、地球環境を視野に入れた幅広い取り組みを、総合的、体系的に行っています。

生きものと共生できる環境づくりを行っています

国営公園では市民とともに、動植物の生育・生息空間の保全・創出を行い、生きものと共生できる環境づくりを推進しています。

環境学習の場を提供しています

国営公園の豊富な緑と水が環境教育の題材として使われています。国営讃岐まんのう公園では、園内の自然や里山文化などを来園者に分かりやすく解説できるインタープリターの養成講座を開いています。インタープリターは来園者に人と自然の結びつきなどを説明し、環境への関心を高める役割を担います。

ページトップへ
 (C)Ministry of Land, Infrastracture and Transport All Rights Reserved. 国土交通省 | 都市局 |