公園とみどり 国土交通省 都市局 公園緑地課
主な施策 基本情報 報道発表資料 サイトマップ
主な施策
緑地保全・緑化
制度の概要
緑の基本計画
緑地保全地域制度
特別緑地保全地区制度
地区計画等の活用
管理協定制度
緑化地域制度
緑地協定制度
市民緑地制度
緑化施設整備計画認定制度
緑地管理機構制度
生産緑地制度
風致地区制度
 
ホーム > 主な施策 > 緑地保全・緑化 > 緑化施設整備計画認定制度

緑化施設整備計画認定制度

 民間の建築物の屋上、空地など敷地内を緑化する計画(緑化施設整備計画)について、市町村長の認定を受けることができる制度です。
(都市緑地法第60条)

制度の概要

認定の対象となる緑化施設

●「緑化施設」とは、樹木や地被植物などの植栽と、花壇、敷地内の保全された樹木、自然的な水流や池、これらと一体となった園路、土留、小規模な広場、散水設備、排水溝、ベンチ等をいいます。

●対象地区・対象建築物
  • 認定の対象となる地区は「緑化地域」及び「緑の基本計画」に定められた「緑化地域以外の区域であって重点的に緑化の推進に配慮を加えるべき地区(緑化重点地区)」です。

●対象建築物は以下のとおりです。
  • 民間、公共を問わず、全ての建築物が対象となります。
  • 既存の建築物に緑化施設を整備する場合や、既存の緑化施設を再整備する場合なども含みます。

●対象となる建築物の敷地の面積は緑化重点地区内(地区計画等緑化率条例により制限を受ける区域を除く)では500m2以上、緑化地域内及び地区計画等緑化率条例により制限を受ける区域内では300m2以上です。

●緑化面積の敷地面積に対する割合は20%以上です。


緑化施設整備計画

認定例:なんばパークス(大阪市)

●制度を適用するためには、事業者が緑化施設整備計画を作成し、市町村長の認定を受ける必要があります。

●緑化施設整備計画には次の事項を定めます。
  • 緑化施設を整備する建築物の敷地の位置および面積
  • 整備する緑化施設の概要、規模、および配置
  • 緑化施設の整備の実施期間
  • 緑化施設の整備の資金計画
  • その他の図面等
申請書のダウンロード >>


ページトップへ
 (C)Ministry of Land, Infrastracture and Transport All Rights Reserved. 国土交通省 | 都市局 |