メニューを飛ばしてコンテンツへ進む
サイト内検索

 観光週間(8月1日〜7日)の実施について
 
「観光は、住んでよし、訪れてよしの国づくり」
ラインBack to Home

 

<問い合わせ先> 
総合政策局観光部企画課

(内線27155)

TEL:03-5253-8111(代表)

 

 観光道徳の高揚と観光資源の保護週間(観光週間)は昭和40年から毎年行われ、第39回を迎えた本年度も観光対策関係省庁、都道府県が主体となり、協賛団体の協力を得て、実施要綱に基づき「観光の意義や重要性の啓発と普及」、「連続休暇の意義の普及」、「観光交流道徳の高揚」、「観光資源の保護」、 「観光地の美化」及び「地域の魅力に対する自信と誇り」を実施目標に積極的な推進を行うこととしています。
 また、より効果的に実施目標を浸透させる手段として「観光は、住んでよし、訪れてよしの国づくり」を統一標語とし、観光に関する正しい概念の普及と観光資源の保全等について広く国民の皆様にPRを図ります。
 期間中は観光対策関係省庁、都道府県及び協賛団体と連携し、ポスター(PDF形式)等による広報活動をはじめ、美化清掃活動、各種キャンペーン、祭・イベントなど、それぞれの特性や地域に応じた活動を予定しております。

 行事等実施予定(7月28日現在)

 本件行事に係る「観光週間実施要綱」は別紙のとおりです。


(別紙)

第39回「観光道徳の高揚と観光資源の保護週間(観光週間)」実施要綱

平成15年4月10日
観光対策関係省庁連絡会議決定

 

  1. 趣旨
     観光が人々の生きがいやうるおい、明日への活力等を生み出しているとともに、国際相互理解の増進等の面において重要な役割を果たしていることにかんがみ、国民の観光に関する正しい概念、道徳の普及と観光資源の保全等を図るため、 協賛団体の協力の下に「観光週間」を実施し、広く国民に対し積極的な広報活動を行うものとする。

  2. 時期
     平成15年8月1日(金)から同月7日(木)まで

  3. 主催
     内閣府 警察庁 総務省 法務省 外務省 財務省 文部科学省 厚生労働省 農林水産省 経済産業省 国土交通省 環境省 都道府県

  4. 協賛
     別紙に掲げる団体(PDF形式)

  5. 実施目標
    (1)観光の意義や重要性の啓発と普及
     観光は、単なる物見遊山として捉えるべきものではなく、国民に生きがいやうるおいを与え、明日への活力や創造力を生み出す源泉となる。また、外国人との観光交流を通じて、国際相互理解を増進させ、ひいては世界平和に貢献するものである。 このような観光の有する意義や重要性が国民に正しく理解されるよう国民全体の意識喚起を図る。

    (2)連続休暇の意義の普及
     長期滞在型観光は、訪問先の自然、文化等をより深く体験、学習することを通じて、自己啓発、自己実現につながるが、勤労者等がこれを行うには連続した休暇が必要である。 そこで、連続休暇がもたらす意義が国民に正しく理解されるよう国民全体の意識喚起を図る。

    (3)観光交流道徳の高揚
     観光を通じて、旅行者と住民が互いに交流し合い、共に楽しむことができるよう、旅行者は訪問先においてマナーを守り、その地域をより深く理解するよう努める一方で、 住民は、日本人のみならず外国人旅行者に対しても、もてなしの心や思いやりの気持ちをもって接するよう国民全体の意識喚起を図る。

    (4)観光資源の保護
     観光が将来に向けて持続的な発展を遂げていくためには、地域の魅力の源泉となっている自然や文化等の貴重な観光資源の保護が不可欠である。このため、旅行者による観光資源の損傷等を防止するとともに、 観光資源に対する思いやりと観光地におけるマナーの高揚を図る。

    (5)観光地の美化
     「ゴミは持ち帰る」という意識を一層定着化させるとともに住民の観光地の美化に関する意識を更に高める。

    (6)地域の魅力に対する自信と誇り
     観光資源を保護し、観光地の美化に関する意識を醸成するため、また地域の魅力を自信を持って国内外に発信するため、自らが住んでいる地域の魅力を十分認識し、自信と誇りを持つような国民全体の意識喚起を図る。

  6. 実施テーマ
     本週間の諸行事の実施に当たっては、上記実施目標について広く国民に対し理解と認識を深めてもらうことが重要である。
     そのため、より効果的に浸透させる手段として「観光は、住んでよし、訪れてよしの国づくり」を統一標語として設定し、一層の推進を図ることとする。

  7. 主な実施事項
    (1)国民に対する広報・啓発
     1主催者によるもの
    • テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、定期刊行物、ホームページ掲載等による広報
    • 学校教育、社会教育
    • 観光地におけるキャンペーン
    • 観光功労者の表彰

     2協賛団体によるもの

    • ポスター、パンフレット、チラシ、ステッカー等の作成・配布
    • 機関誌(紙)等への掲載
    • 電車、バス、船舶、航空機内等における放送
    • 講演会、シンポジウム等の開催
    • 観光地におけるキャンペーン、ゴミ袋の作成・配布及びくずかごの設置
    • テレビ、ラジオ等による観光情報の提供

    (2)観光関係事業者に対する啓発等

    • 機関誌(紙)による周知
    • 輸送の安全確保、防火、避難誘導、食品衛生管理体制の充実の呼び掛け
    • 研修の実施
    • 事業所における朝礼、点呼時等における従業員に対する周知

  8. 推進要領
     (1)政府の各行政機関においては、具体的な実施計画を策定し積極的かつ強力な推進を図るものとする。また、本週間の実施に当たって関係地方支分部局を適切かつ有効に指導するとともに、 所管する協賛団体に対しては、それぞれの特性に応じた活動の協力を得るよう緊密な連絡を行うものとする。

     (2)都道府県においては、国の関係地方支分部局との緊密な連絡を保持しつつ、市町村及び観光関係団体等の組織との連携等の方法により、当該地域の観光の状況に適合した具体的実施計画を策定するなど、 自主的・主体的に積極的な推進に努めるものとする。

 PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。右のアイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
 Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご参照下さい。

アクロバットリーダーホームページへ
(ダウンロード)


戻る
ライン
All Rights Reserved, Copyright (C) 2003, Ministry of Land, Infrastructure and Transport