官庁営繕

営繕工事における情報共有システム機能要件と対応状況関連資料

令和元年7月1日

営繕工事における情報共有システム機能要件

国土交通省においては、建設現場における生産性向上を図る i-Construction を建築分野にも拡大する取組を進めています。
平成31年3月、「工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件 2019年版 営繕工事編」を作成しました。

  「工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件 2019年版 営繕工事編」 (PDF形式 1.2MB)

  (報道発表資料はこちら

情報共有システム提供者における機能要件の対応状況(導入担当者向け)

本機能要件に関するシステム関係者の対応状況を取りまとめましたので、選定にあたっての参考資料としてください。

  対応状況一覧表(更新日:令和元年7月1日) (PDF形式 85KB)

  対応状況(個表)(更新日:令和元年7月1日) (ZIP形式 630KB)

情報共有システム提供者対応状況一覧表の新規受付・更新方法(情報共有システム提供者向け)

機能要件対応状況の新規掲載、掲載内容の更新を希望する情報共有システム提供者は、「情報共有システム機能要件対応状況に関する調査表」を下記よりダウンロードし、記入の上、下記の提出先宛に電子メールにて送付下さい。調査表は随時受け付けます。

  提出先:国土交通省大臣官房官庁営繕部整備課施設評価室
  E-Mail :hqt-eizen-asp@gxb.mlit.go.jp

  情報共有システム機能要件対応状況に関する調査表 (Excel 200KB)

お問い合わせ先

国土交通省大臣官房官庁営繕部整備課施設評価室
電話 :(03)5253-8111(内線23533、23535)

ページの先頭に戻る