官庁営繕

中央合同庁舎第1号館

中央合同庁舎第1号館本館

 

 

 

中央合同庁舎第1号館別館

 

 

 

◆沿革

 

 中央合同庁舎第1号館は、霞が関での合同庁舎第1号として計画され、建設省による戦後はじめての本格的な耐火建築物として昭和29
年に完成しました。入居が予定されていたのは、当時、戦後の食料危機の最中に庁舎が都内10数カ所に散在して、業務上一番事情が逼迫
していた農林省です。現在は農林水産省、林野庁、水産庁が入居しています。
 施設は、「職務能率の向上と、公衆の利便を最重点に置いた、簡潔明快な思想で貫かれた庁舎」を目標として、鉄骨鉄筋コンクリート造地
上8階 地下1階のE字型の平面で延べ面積が48,000m2以上という構想のもと設計されました。

 
E字型の平面
 

 仕上げは、合理的で明快な簡潔さを旨とし、意匠なども簡素で、特に装飾的なものは施されませんでしたが、昭和41年の改修により外壁
にタイルが張られました。

 

 本館の完成後、北別館と別館が増築され、最終的には8万m2を超える規模となり、さらに、現在は中央合同庁舎第3号館や外務省、経済
産業省総合庁舎別館に続き、免震レトロフィット工事(既存建物の免震化を図ることにより、大地震動時に建物に作用する地震力を低減さ
せ、既存構造体の補強をほとんどすることなく、耐震性能の向上を図る耐震改修工法)を実施し、防災拠点施設として必要な耐震性能を確
保しています。

中央合同庁舎第1号館配置

 

 

 

「中央合同庁舎第1号館配置」

◆建築概要

 
<本館>
 ・1954年(昭和29年)建築
 ・鉄骨鉄筋コンクリート造 地上8階 地下1階
 ・建面積:5,984m2 延面積:48,009m2
 
<北本館>
 ・1964年(昭和39年)建築
 ・鉄骨鉄筋コンクリート造 地上8階 地下1階
 ・建面積:1,388m2 延面積:14,139m2
 
<別館>
 ・1965年(昭和40年)建築
 ・鉄骨鉄筋コンクリート造 地上8階 地下1階
 ・建面積:1,968m2 延面積:17,478m2

 

 

※建物の面積については国有財産面積を示す。

 
▲このページの先頭へ戻る▲
 


お問い合わせ先

国土交通省大臣官房 官庁営繕部 整備課 特別整備室
電話 :(03)5253-8111

ページの先頭に戻る