官庁営繕

外務省庁舎

外務省庁舎


◆沿革

 

 外務省庁舎は設計競技(コンペティション)により選ばれた小坂秀雄により基本設計が実施されました。主に鉄骨鉄筋コンクリート造の3棟
の建築物で構成されており、木造的な架構形式を表現して柱及び梁をあらわし、深い庇に加え薄青色のせっ器質テラコッタの外壁として、日
本的な外観の建物となっています。
 中央合同庁舎第3号館に続いて、平成13年から平成16年にかけて免震レトロフィット工事(既存建物の免震化を図ることにより、大地震動
時に建物に作用する地震力を低減させ、既存構造体の補強をほとんどすることなく、耐震性能の向上を図る耐震改修工法)を実施していま
す。


◆建築概要

 
<北庁舎、中央・南庁舎>
 ・1960年(昭和35年)建築(北庁舎)、1970年(昭和45年)建築(中央・南庁舎)
 ・鉄骨鉄筋コンクリート造 地上8階 地下1階
 ・建面積:9,984m2 延面積:63,307m2
 

※建物の面積については国有財産面積を示す。

 


お問い合わせ先

国土交通省大臣官房 官庁営繕部 整備課 特別整備室
電話 :(03)5253-8111

ページの先頭に戻る