官庁営繕

中央合同庁舎第4号館

中央合同庁第4号館

◆沿革

 

 中央合同庁舎第4号館は、六本木通りと潮見坂交差点に面する、霞が関地区の南西に位置しています。中央官庁の組織の分散や必要面
積の不足を解消するため計画され、同じ通りに面する外務省や3号館と同様の各階に庇を配した水平基調の外観デザインとしています。
 現在は所用の耐震性能を確保するため、免震レトロフィット工事(既存建物の免震化を図ることにより、大地震動時に建物に作用する地震
力を低減させ、既存構造体の補強をほとんどすることなく、耐震性能の向上を図る耐震改修工法)を実施しています。
 


◆建築概要

 
 ・1972年(昭和47年)建築
 ・鉄骨鉄筋コンクリート造 地上12階 地下2階
 ・建面積:3,544m2 延面積:53,496m2
 ・使用官署:財務省、内閣府、他
 

※建物の面積については国有財産面積を示す。

 


お問い合わせ先

国土交通省大臣官房 官庁営繕部 整備課 特別整備室
電話 :(03)5253-8111

ページの先頭に戻る