官庁営繕

官庁営繕事業におけるBIMの活用

 官庁営繕部では、BIMを導入したプロジェクトの試行を通じて、設計業務及び工事における効果や課題について検証し、その結果も踏まえ、BIMモデル作成に関する基本的な考え方や留意事項を示した「官庁営繕事業におけるBIMモデルの作成及び利用に関するガイドライン」(BIMガイドライン)をとりまとめ、平成26年3月19日に公表しました。

【 What's BIM ? 】

 BIMとは「Building Information Modeling」の略称で、コンピュータ上に作成した3次元の形状情報に加え、室等の名称・面積、材料・部材の仕様・性能、仕上げ等、建築物の属性情報を併せ持つ建物情報モデルを構築することです。BIMの効率的・効果的な活用により、官庁施設の品質確保、官庁施設における顧客満足度の向上等に資することが期待されています。  

コンテンツ

■BIM導入プロジェクト

  ・ 新宿労働総合庁舎

  ・ 静岡地方法務局藤枝出張所

  ・ 前橋地方合同庁舎

■出前講座

 国土交通省の職員が各地に出向き、「BIMガイドライン」の説明をし、皆様が持っている様々な興味・疑問などに出来る限り分かりやすくお答えします。

   ※詳細はこちらから

お問い合わせ先

国土交通省 大臣官房官庁営繕部 整備課施設評価室
電話 : (03)5253-8111

ページの先頭に戻る