チャイルドシートの
正しい取り付けについて
 
 
自動車との適合性
   すべてのチャイルドシートがすべての自動車に取り付けられるわけではありません。
 チャイルドシートメーカーなどから出されている「車種別チャイルドシート適合表」などを参考に取り付けられるかどうかを確認して、自分の自動車に適合したチャイルドシートを選びましょう。  
 
取り付け方法
   チャイルドシートの取り付け方法は、製品によって異なるため、それぞれの取扱説明書に従って取り付けてください。
 市販されている多くのチャイルドシートは、自動車のシートベルトを用いて座席に固定する方法が主流であり、シートベルトの通し方により2点固定式3点固定式があります。
2点固定式と3点固定式
 
参考 シートベルトの種類について
   チャイルドシートをしっかりと取り付けるためには、シートベルトの種類別機能を理解する必要があります。
 
ELR式(緊急ロック式巻き取り装置)シートベルト
   通常はシートベルトを自由に引き出せますが、急ブレーキなどの衝撃を感知した時のみシートベルトがロックする機能(ELR機能)を備えたものです。
 
チャイルドシート固定機能付シートベルト(ALR付ELR式シートベルト)
   通常はELR機能ですが、シートベルトをすべて引き出せばALR機能(自動ロック付巻き取り装置)に切り替わり、巻き込み方向にのみ動きますが引き出せなくなります。チャイルドシートの取り付けに緩みが生じにくく、取り付けが比較的容易です。
 
   また、自動車によっては、座席の背もたれ部分を引き出すとチャイルドシートになる座席(チャイルドシート内蔵シート)や、シートベルトを使わずチャイルドシートを固定できる座席(共通取付具方式シート)が採用されています。
 
チャイルドシート内蔵シート
   通常は座席(後席が一般的)の中に折りたたんで収納されていますが、子供を乗車させるときには引き出して使用することができる子供用座席です。 内蔵シート
 
共通取付具方式(ISOFIX対応)シート
   ISOFIX対応のチャイルドシート取付具が座面の奥に付いている座席です。車種毎に指定されたISOFIX対応チャイルドシートを組み合わせて使用します。 ISOFIX対応シート