エンジンルーム内の可燃物置き忘れに注意!

エンジンルーム内に、ウエス等の可燃物を置き忘れると、可燃物がエンジンルーム内の高温部に接触し、出火することがあります。

火災事故防止のための注意事項

  1. 運行前に、エンジンルーム内に可燃物の置き忘れがないことを確認しましょう
  2. 車両を長期間使用しなかった場合は、小動物や鳥類によって持ち込まれた小枝等がないことを確認しましょう
  3. 走行中、焦げた臭いを感じたときは、エンジンルーム内に置き忘れた可燃物が燃えている可能性がありますので走行を継続しないようにしましょう

審査・リコール課のGoogle+Youtube公式アカウントです。

当サイトの更新情報やリコール届出情報、自動車を安全に使うための注意点をまとめた映像等を発信しています。