チャイルドシートの肩ベルトの調整を忘れずに!

肩ベルトが適切に調整されておらず、緩んでいると、子供を車内に一人で残した場合に、子供の体がチャイルドシートの外に出て、チャイルドシートの肩ベルトが首にかかった状態となることがあります。

チャイルドシートを使用する際は、肩ベルトを適切に調整し、車を離れるときはくれぐれも、車内に子供を一人で残さないようにしましょう。

チャイルドシートの肩ベルトによる子供の負傷防止に関する注意事項

  • 肩ベルトがお子様の身体にフィットしているかきちんと確認しましょう。
    • 肩ベルトの高さは、お子様の成長に合わせて調整して下さい。
    • お子様を乗せる度に、必ず肩ベルトの緩みを取り、お子様の身体にフィットするように肩ベルトの長さを調整して下さい。
    • 詳しい調整方法は、それぞれのチャイルドシートの取扱説明書で再度確認して下さい。
  • 小さなお子様を車内に一人にするのは危険ですので、くれぐれも、お子様を置いて車から離れないで下さい。

審査・リコール課のGoogle+Youtube公式アカウントです。

当サイトの更新情報やリコール届出情報、自動車を安全に使うための注意点をまとめた映像等を発信しています。