トレーラ(中期ブレーキ規制以降)のブレーキ利き不良にご注意ください!

オートマチック・スラック・アジャスタの点検整備のお願い

※画像をクリックすると元のサイズで表示されます

オートマチック・スラック・アジャスタとは

オートマチック・スラック・アジャスタは、2000年7月(中期ブレーキ規制)から装着された、ブレーキ・ライニングとドラムとの隙間を自動的に調整し、ブレーキの利き具合を最適化する装置です。


ブレーキ装置概要

※画像をクリックすると元のサイズで表示されます

オートマチック・スラック・アジャスタに負担のかかる条件

中期ブレーキ規制以前、停車時におけるブレーキ操作は、トレーラ・ブレーキ・レバーで行う場合がありました。中期ブレーキ規制以降、ブレーキ操作系の変更に伴い、停車時におけるブレーキ操作は、トラクタの駐車ブレーキ・レバーで行われる場合があり、この操作を多用される場合や登り降りの頻繁な走行等ではオートマチック・スラック・アジャスタやブレーキ・カム・シャフト等に負担がかかり、故障する場合があるため『シビア・コンディション時の点検』が必要です。点検整備を行うことにより、これらの性能維持や故障時の早期発見が可能となります。

シビア・コンディションとは

シビア・コンディションとは、標準的な使われ方より厳しい条件で使用された場合をいいます。

悪路(凹凸路、砂利道、雪道、未舗装路等)
走行距離の30%以上が次の条件に該当する場合
・運転者が体に衝撃(突き上げ感)を感じる荒れた路面
・車体が左右に振られる荒れた路面
走行距離が多い ・走行距離が多い場合(目安) 10,000km以上/月
山道、登り降りの頻繁な走行 走行距離の30%以上が次の条件に該当する場合
・登り降りが多く、ブレーキの使用回数が多い場合
・車体が左右に振られることが多い場合
トラクタの駐車ブレーキの多用 渋滞、荷役待ち等で駐停車の回数が多く、牽引自動車の駐車ブレーキを多用(20回/日前後)する場合

オートマチック・スラック・アジャスタの点検整備

オートマチック・スラック・アジャスタの性能を維持するため、下表のとおりオートマチック・スラック・アジャスタ本体及び関連部位の点検を行い、異常がある場合には部品交換など、適切な整備を行ってください。
⇒ブレーキ機器の点検整備は、専門のサービス工場(認証工場)で受けてください。

○:メーカ指定項目 ◇:シビア・コンディション項目 ●:法定点検項目
点 検 項 目 点 検 整 備 時 期
点検箇所 点検内容 1ヶ月ごと 3ヶ月ごと 12ヶ月ごと
ブレーキ・チャンバ ロッドのストローク
オートマチック・
スラック・アジャスタ
給油脂
機能 ※
ブレーキ・カム・シャフト 摩耗及び損傷
※オートマチック・スラック・アジャスタの機能点検には、「本体の損傷や亀裂の点検」、
 「自動調整機能の点検」及び「アジャスト・スクリュー回転トルクの点検」が含まれます。

ブレーキ装置概要

オートマチック・スラック・アジャスタの給油脂
及びブレーキ・カム・シャフトの点検

審査・リコール課のGoogle+Youtube公式アカウントです。

当サイトの更新情報やリコール届出情報、自動車を安全に使うための注意点をまとめた映像等を発信しています。