CONTENTS
検査登録のしくみ
検査手続
登録手続
諸外国の検査制度
自動車登録検査アンサーシステム
全国運輸支局のご案内
自動車登録関係コード検索
Q&A
HOME
しくみ2:自動車検査登録の役割
道路運送車両法に基づく役割
   
  自動車の登録
  「所有権の公証」という民事登録と「自動車の保有実態の把握」という行政登録の二つの目的があります。
   
  民事登録の性格
  所有権を公証し、第三者対抗要件を与えることにより、ユーザーの所有権を保護し、車についての 法的安定性を確保することができます。これをベースに、自動車の流通の安定と円滑化が図られます。
   
  行政登 録の性格
  ナンバープレートを交付し、自動車の識別を可能にすると同時に、個々の自動車の保有実態を行政的に把握することができま す。
   
  自動車の検査
  自動車の構造・装置を定期的にチェックすることにより、自動車の安全を確保し、公害を防止するとともに 円滑な道路交通の確保と省エネルギー化を図ります。
   
  保安基 準への適合性
  自動車を安全で、公害をもたらさない状態に維持しておくことは、使用者の社会的責務といえます。
道路運送車両法では、「道路運送車両の保安基準」を定め、この保安基準に常時適合させることを義務づけています。
   
  安全の 確保、公害の防止の担保手段
  自動車は、走行することにより、また、使用期間の経過等に伴ってその構造・装置の劣化、摩耗をさけることはできません。
このため、自動車の同一性と保安基準適合性について定期的に検査を実施する必要があります。
検査制度は、自動車の諸元(大きさ、重量、排気量等)の確認と安全の確保、公害の防止を制度的に担保するための必要不可欠な手段であるわけです。
 
▼排気ガス検査
排気ガス検査の写真
   
  自動車検査登録の本来の役割と付加された役割
  自動車検査登録の本来の役割と付加された役割の図



  All Rights Reserved, Copyright (C) 2002, Ministry of Land, Infrastructure and Transport