• チャイルドシートは、大人用のシートベルトが使えない乳児、幼児、学童などがより安全に乗車できるようにするもので、 「幼児用補助乗車装置」と呼ばれることもあります。
     
  • チャイルドシートは子供の成長段階に合わせて大きく3つに分かれます(体重、年齢は目安です)。

乳児用

体重10kg未満(新生児から1歳くらい、身長70cm以下が目安)

 

乳児用シートに寝ている赤ちゃんのイラスト

乳児期は首がすわっていないため、寝かせる姿勢で乗せます。

後ろ向きに使用する「シートタイプ」と、横向きに使用する「ベッドタイプ」があります。

 

幼児用

体重9から18kg以下(1から4歳くらい、身長100cm以下が目安)

 

幼児用シートに座っている男の子のイラスト

幼児の首がすわり、自分自身ですわれることが、使い始めの目安です。

新生児から使える「乳児用、幼児用兼用タイプ」、学童用としても使える「幼児用、学童用兼用タイプ」もあります。

 

学童用

体重15から36kg以下(4から10歳くらい、身長135cm以下が目安)

 

学童用シートに座っている男の子のイラスト

ジュニアシートとも呼ばれます。

おしりの位置を高くすることで、大人用のシートベルトが、正しい位置にかけられるようにします。

おしりに敷くだけのものと、背もたれの付いたものがあります。

 

 

次へ→

| TOP | 最新情報 | 大切さ | 基礎知識 | 選び方 | 取付方法 | 注意点 | 安全基準 | 法制度 | 型式認定・指定一覧 | 研修会 | Q&A | リンク |