1.目  的

チャイルドシートの適切な選定、装着の促進を図るため、チャイルドシートに関する法的、技術的な知識、正しい装着方法などの専門的な知識を取得したチャイルドシートの着用指導者を育成し、チャイルドシートのユーザーに対する正しい装着方法についての指導啓発に資することを目的とする。
 

2.実施主体

(財)日本交通安全教育普及協会
 

3.後  援

内閣府 警察庁 国土交通省
 

4.協力団体

シートベルト・チャイルドシート着用推進協議会(5省庁27団体で構成)
 

5.参加対象者

交通安全教育等に従事する行政機関及び団体の職員、チャイルドシートの販売、自動車及び自動車用品の販売、その他交通安全の指導・啓発などに従事する者でチャイルドシートのユーザー等に対して指導し得る立場にある者。
 

6.研修プログラム

時間 所要時間 研修項目
9:00  20 受付
9:20  10 ガイダンス
9:30  10  チャイルドシートの普及啓発について 
9:40  25 チャイルドシートと幼児について(医学的見地から)
10:05  30 道路交通法について(チャイルドシートの使用義務) 
10:35  25 チャイルドシートの技術基準について
11:00  10  (休息) 
11:10  70 チャイルドシートの基礎知識について
12:20  50  (昼食・休憩) 
13:10 220  チャイルドシート取付け実習(質疑応答・休息時間を含む)
16:50

認定証交付
・終了予定 17:10頃

開催日時および申込方法等の詳細につきましては、(財)日本交通安全教育普及協会のホームページにてご確認ください。

 

| TOP | 最新情報 | 大切さ | 基礎知識 | 選び方 | 取付方法 | 注意点 | 安全基準 | 法制度 | 型式認定・指定一覧 | 研修会 | Q&A | リンク |