ホーム > 補佐人制度について

補佐人制度について

海の仕事にたずさわっている皆さんへ

 海の仕事には色々あります。船を直接動かす仕事はもちろん,陸上のさまざまな分野で海や船に関する仕事をされていることと思います。 特に,船の運航や操船にたずさわっている方は,常に安全運航を心掛けておられていると思いますが,「つい,うっかり・ぼんやり,勘違い,操作ミス, 対応の遅れなど……」で,不幸にして海難事故に遭遇してしまうことがあります。
 事故を起こしてしまった方は,理事官から状況を尋ねられ,時には,海難審判の当事者として受審人又は指定海難関係人として指定されます。
 このような場合,海難審判所の審判廷に出て,自分の立場を正しく,そして適切に主張する必要があります。その手助けをしてくれるのが海事補佐人です。

海事補佐人の登録について

 次に「海事補佐人になりたい方は,どのようにすればよいの?」又は「どういう人が海事補佐人になれるの?」という質問にお答え致します。
 海事補佐人になりたい方は,氏名,生年月日,本籍,住所及び事務所の所在地を前もって海難審判所長へ登録する必要があります。具体的には以下のとおりです。

   トップページへ