ホーム > 報道発表資料 > 裁決言渡のお知らせ

                                                       平成21年1月22日

海難審判(裁決言渡)のお知らせ

                         問い合わせ先 横浜地方海難審判所書記官 上 田 敬 三(うえだ けいぞう)
                                                    電話 045−201−7501


1 事   件   名  護衛艦あたご漁船清徳(せいとく)丸衝突事件

2 裁決言渡期日    平成21年1月22日(木)午後2時

3 審   判   所  横浜地方海難審判所(審判長審判官 織 戸 孝 治(おりと たかはる)

4 理   事   官  横浜地方海難審判所 稲 木 秀 邦(いなぎ ひでくに)

5 指定海難関係人  A (あたご艦長)
  指定海難関係人  B (あたご水雷長)
  指定海難関係人  C (あたご航海長)
  指定海難関係人  D (あたご船務長)
  指定海難関係人  海上自衛隊第3護衛隊群第3護衛隊(旧第63護衛隊)
               代表者 第3護衛隊司令 E

6 補   佐   人  a
              (A,B,C,D及び海上自衛隊第3護衛隊群第3護衛隊(旧第63護衛隊)選任)

7 審理の経過
 本件は,平成20年6月27日横浜地方海難審判理事所から横浜地方海難審判庁に審判開始の申立てが行われ,同年9月4日,同月11日,同月12日,同月17日及び同月25日に審理し,横浜地方海難審判所に引き継がれて,同10月21日に結審し,本日の裁決言渡となった。
 なお,本裁決は,国土交通省設置法等の一部を改正する法律(平成20年法律第26号)附則第4条の規定に基づき,同法第3条の規定による改正前の海難審判法(以下「旧法」という。)の規定により行ったものである。

8 事件発生の年月日時刻及び場所
 平成20年2月19日04時07分少し前
 千葉県野島埼南方沖合
 (北緯34度31.5分 東経139度48.6分)

9 事件の概要
 あたごは,京都府舞鶴港を基地とする第3護衛隊群第3護衛隊に所属する護衛艦で,艦長ほか280人が乗艦して,アメリカ合衆国ハワイ州で武器体系に係る装備認定試験を終了し,平成20年2月6日10時02分(現地時間)パールハーバーを発し,各科訓練等を行いながら,神奈川県横須賀港に向かって航行中,また,清徳丸は,船長ほか1人が乗り組み,まぐろはえ縄漁の目的で,2月19日00時55分法定灯火を表示して千葉県勝浦東部漁港川津地区を発し,東京都三宅島北方海域に向け航行中,前示の日時及び地点において,あたごの艦首部と清徳丸の左舷ほぼ中央部が衝突した。
 当時,天候は晴で風力2の北東風が吹き,視界は良好であった。
 衝突の結果,あたごは,艦首部に擦過傷を生じ,清徳丸は,船体が二つに分断され,船長及び甲板員が行方不明となり,のちいずれも死亡と認定された。

10 裁決の概要
(1) 原因
 本件衝突は,夜間,千葉県野島埼南方沖合において,両船が互いに進路を横切り衝突のおそれのある態勢で接近中,北上するあたごが,動静監視不十分で,前路を左方に横切る清徳丸の進路を避けなかったことによって発生したが,西行する清徳丸が,警告信号を行わず,衝突を避けるための協力動作をとらなかったことも一因をなすものである。
 第3護衛隊が,あたごの艦橋とCIC間の連絡・報告体制並びに艦橋及びCICにおける見張り体制を十分に構築していなかったことは,本件発生の原因となる。

(2) 勧告
 B指定海難関係人が,夜間,艦橋当直に就いて千葉県野島埼南方沖合を北上する際,前路を左方に横切り衝突のおそれのある態勢で接近する清徳丸に対し,動静監視を十分に行わず,同船の進路を避けなかったことは,本件発生の原因となる。
 B指定海難関係人に対して勧告しないが,艦橋当直に就いた際,他船に対し,自ら又は見張り員やCICを活用してその動静を十分に監視しなければならない。
 指定海難関係人第3護衛隊が,あたごの乗組員の教育訓練にあたり,艦橋とCIC間の連絡・報告体制並びに艦橋及びCICにおける見張り体制を十分に構築していなかったことは,本件発生の原因となる。
 第3護衛隊に対しては,旧法第4条第3項の規定により勧告する。
 A指定海難関係人の所為は,本件発生の原因とならない。
 C指定海難関係人の所為は,本件発生の原因とならない。
 D指定海難関係人の所為は,本件発生の原因とならない。


                                             本件の裁決を見る → 裁決本文へ

 参考図

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〈用語説明〉
 指定海難関係人…理事官が,審判開始の申立てを行うとき,海技免状等を持たない者で,海難の原因に関係が
あり,かつ,これに対し勧告をする必要があると認めて指定した者をいう。
 勧告…海難の原因に関係があると判断された場合において,同種事故の再発防止のため,反省を促し,関係者等
に対し防止策の提言又は改善措置の要求等をするものである。
 CIC…戦闘情報センターのこと。

   トップページへ