平成26年横審第30号
            裁    決
   ケミカルタンカー第十一昭栄丸漁船第三和王丸衝突事件

  言 渡 年 月 日 平成27年1月22日
  審  判  所 横浜地方海難審判所(礒邉博幸,横須賀勇一,八田一郎)
  理  事  官 覺前修
  受  審  人 A
     職  名 第十一昭栄丸一等航海士
     海技免許 三級海技士(航海)
  受  審  人 B
     職  名 第三和王丸船長
     操縦免許 小型船舶操縦士

            主    文

 受審人Bの小型船舶操縦士の業務を1箇月停止する。
 受審人Aを戒告する。

            理    由
 (海難の事実)
1 事件発生の年月日時刻及び場所
 平成25年9月30日19時18分
 伊豆半島東方沖合

2 船舶の要目
  船 種 船 名  ケミカルタンカー第十一昭栄丸
  漁船第三和王丸
  総 ト ン 数  334トン           10トン
    全   長  55.02メートル
    登 録 長                  12.35メートル
    機関の種類  ディーゼル機関         ディーゼル機関
    出   力  735キロワット        589キロワット

3 事実の経過
 第十一昭栄丸(以下「昭栄丸」という。)は,船体船尾部に船橋を配し,船橋中央前部に舵輪,右舷側に主機遠隔装置,左舷側にレーダー2台及びGPSプロッターをそれぞれ設けた鋼製ケミカルタンカーで,船長C及びA受審人ほか2人が乗り組み,空倉のまま回航の目的で,船首2.0メートル船尾3.4メートルの喫水をもって,平成25年9月30日13時05分千葉県千葉港を発し,山口県宇部港に向かった。
 ところで,C船長は,宇部港までの船橋当直を船長,A受審人及び二等航海士による4時間交替の単独3当直制としていた。
 A受審人は,16時00分前直の二等航海士と交替し,17時06分半僅か過ぎ剱埼灯台から153度(真方位,以下同じ。)1.3海里の地点で,航行中の動力船の灯火を表示し,舵輪後方の椅子に腰掛け,レーダー1台を3海里レンジのオフセンターにより,船首方5海里までが映る状態で使用し,針路を240度に定めて自動操舵とし,11.0ノットの速力(対地速力,以下同じ。)で進行した。
 A受審人は,レーダー画面を確認しながら,途中,雨域に入った際,レーダー映像をより良く判別するため,右舷側を同航する船舶(以下「右舷同航船」という。)のレーダー映像を見ながら,STC(海面反射除去)つまみを強めに設定したが,雨域から外れた後,改めて調整することを失念し,そのままの設定でレーダー画面を継続して見ながら続航した。
 19時13分A受審人は,川奈埼灯台から107度7.2海里の地点に達したとき,左舷船首33度1.4海里のところに第三和王丸(以下「和王丸」という。)が表示する白,緑2灯を視認することができ,その後同船が前路を右方に横切り衝突のおそれがある態勢で接近する状況であったが,未調整のレーダー画面に右舷同航船以外の映像を認めていなかったので,航行の支障となる船舶はいないものと思い,立ち上がって周囲を目視で確認するなど,周囲の見張りを十分に行うことなく,このことに気付かずに進行した。
 こうして,A受審人は,和王丸に対して警告信号を行わず,間近に接近しても衝突を避けるための協力動作をとらないで続航中,19時18分少し前船首至近に和王丸の船体を認めて衝突の危険を感じ,機関を中立運転にして右舵一杯としたものの,及ばず,19時18分川奈埼灯台から110度6.5海里の地点において,昭栄丸は,248度に向首し,10.0ノットの速力となったとき,その船首部が和王丸の右舷船首部に前方から80度の角度で衝突した。
 当時,天候は曇りで風力3の北東風が吹き,潮候は下げ潮の末期で,視界は良好であった。

 また,和王丸は,船体後部に操舵室を配し,同室中央前部に操縦席,右舷側にGPSプロッター,左舷側に主機操縦レバー及び魚群探知機をそれぞれ設けたFRP製漁船で,B受審人ほか1人が乗り組み,かつお一本釣り漁の目的で,同日03時00分神奈川県小田原漁港を出港し,東京都伊豆大島南方沖合の漁場で操業後,かつお250キログラムを積載して船首1.0メートル船尾1.5メートルの喫水をもって,17時30分同漁場を発進し,航行中の動力船の灯火を表示して帰港の途に就いた。
 B受審人は,18時06分半少し過ぎ川奈埼灯台から145度16.0海里の地点で,操縦席に腰掛け,右隣の甲板員を見張りに就け,針路を343度に定めて自動操舵とし,9.5ノットの速力で進行した。
 18時51分半僅か前B受審人は,川奈埼灯台から132度9.4海里の地点で,針路を小田原漁港に向けて348度に転じた際,3海里レンジで使用していたレーダーに他船の映像を認めなかったので,甲板員を操縦席後部の寝台で休ませて続航した。
 19時13分B受審人は,川奈埼灯台から116度7.0海里の地点に達したとき,右舷船首39度1.4海里のところに昭栄丸が表示する白,白,紅3灯を視認することができ,その後同船が前路を左方に横切り衝突のおそれがある態勢で接近する状況であったが,伊豆半島方向の強い光の存在に気を奪われ,周囲の見張りを十分に行うことなく,このことに気付かずに進行した。
 こうして,B受審人は,昭栄丸の進路を避けないで原針路及び原速力のまま続航し,和王丸は,前示のとおり衝突した。
 衝突の結果,昭栄丸は船首部外板に擦過傷を,和王丸は右舷船首部外板に破口等をそれぞれ生じたが,後に修理され,B受審人が口唇部裂創を負った。

 (航法の適用)
 本件は,夜間,伊豆半島東方沖合において,北上する和王丸と西行する昭栄丸とが衝突したもので,同海域には特別法の適用がないので,一般法である海上衝突予防法(以下「予防法」という。)が適用されることになる。
 本件時,両船は,互いに視野の内にあり,進路を横切り衝突のおそれがある態勢で接近したもので,両船の付近には,航行の支障となる障害物や他船は存在せず,和王丸が避航義務を,昭栄丸が針路及び速力の保持,警告信号及び協力動作履行の各義務を果たすために十分な時間的,距離的余裕があったものと認められる。
 したがって,本件は,予防法第15条によって律する。

 (原因及び受審人の行為)
 本件衝突は,夜間,伊豆半島東方沖合において,両船が互いに進路を横切り衝突のおそれがある態勢で接近した際,北上する和王丸が,見張り不十分で,前路を左方に横切る昭栄丸の進路を避けなかったことによって発生したが,西行する昭栄丸が,見張り不十分で,警告信号を行わず,衝突を避けるための協力動作をとらなかったことも一因をなすものである。
 B受審人は,夜間,伊豆半島東方沖合において,北上する場合,接近する他船を見落とすことがないよう,周囲の見張りを十分に行うべき注意義務があった。ところが,同人は,伊豆半島方向の強い光の存在に気を奪われ,周囲の見張りを十分に行わなかった職務上の過失により,前路を左方に横切り衝突のおそれがある態勢で接近する昭栄丸に気付かず,同船の進路を避けないまま進行して衝突を招き,昭栄丸及び和王丸両船に損傷を生じさせ,自らが負傷するに至った。
 以上のB受審人の行為に対しては,海難審判法第3条の規定により,同法第4条第1項第2号を適用して同人の小型船舶操縦士の業務を1箇月停止する。

 A受審人は,夜間,伊豆半島東方沖合において,西行する場合,接近する他船を見落とすことがないよう,周囲の見張りを十分に行うべき注意義務があった。ところが,同人は,未調整のレーダー画面に右舷同航船以外の映像を認めていなかったので,航行の支障となる船舶はいないものと思い,立ち上がって周囲を目視で確認するなど,周囲の見張りを十分に行わなかった職務上の過失により,前路を右方に横切り衝突のおそれがある態勢で接近する和王丸に気付かず,警告信号を行わず,間近に接近しても衝突を避けるための協力動作をとらないまま進行して衝突を招き,両船に損傷を生じさせ,B受審人を負傷させるに至った。
 以上のA受審人の行為に対しては,海難審判法第3条の規定により,同法第4条第1項第3号を適用して同人を戒告する。

 よって主文のとおり裁決する。



参考図(PDF)へ 横浜の裁決一覧 トップページへ