住宅

よくあるご質問

 Q1   長期優良住宅の認定を受けたいのですが、どんな手続きをすればいいのでしょうか。
     
 A1   規則第1号様式に定められた認定申請書に規則第2条に規定する添付図書を添えて申請してください。
     
 Q2   いつまでに申請すればよいですか。
     
 A2  

着工するより前に申請する必要があります。なお、認定を受ける前に着工することは可能です。

     
 Q3   どこに認定申請をすればよいですか。
     
 A3  

所管行政庁に認定申請をしてください。所管行政庁とは、建築基準法に基づく建築確認申請をする建築主事がおかれている地方公共団体のことです。

認定を行う所管行政庁の受付窓口はこちらで検索できます。

     
 Q4   認定基準について教えてください。
     
 A4   認定基準の概要については、こちらをご覧下さい。
また、認定基準のうち、長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準については平成21年国土交通省告示第209号に定められています。
     
 Q5   長期優良住宅建築等計画の認定を受けた住宅は、全て長期優良住宅に関する税制の特例措置の対象となりますか。
     
 A5  

長期優良住宅に関する税制の特例措置の対象となるためには、それぞれの税制における適用要件を満たす必要があります。例えば、住宅ローン減税・所得税額の特別控除(いわゆる投資型減税)については、床面積が50㎡以上、店舗等併用住宅においては自己居住用面積が家屋の1/2以上等の要件があり、住宅の一部を賃貸しているような場合は、自己の居住の用に供する部分が1/2以上でなければ対象となりません※。

長期優良住宅に関する税制については、こちらをご覧ください。

※自己の居住の用に供する部分を区分所有する場合は、その部分についてのみ対象となります。

ページの先頭に戻る