住宅

住宅・建築物技術高度化事業について(平成29年度)

 本事業は、住宅建築行政が直面する環境対策、長寿命化対策、安全対策等の推進に寄与する先導的技術の開発を行う民間事業者等を公募し、優れた技術開発の提案を応募した者に対して、国が当該技術開発に要する費用の一部を補助するものであり、平成26年に創設されました。

事業の流れ

□提案採択
 1. 国が公募対象分野等を明示して、技術開発の提案を公募する。

  (1)住宅等における環境対策や健康向上に資する技術開発
    
  (2)住宅等におけるストック活用、長寿命化対策に資する技術開発

  (3)住宅等における防災性向上や安全対策に資する技術開発
      
 2. 応募者は、技術開発の内容、実施体制等について具体的に提案する。
    
 3. 学識経験者からなる審査委員会の審査を経て、採択する提案の決定を行う(8月中旬を予定)。
    (提案内容・評価結果については公表予定)

           
□交付申請・交付決定
 4. 採択された者は、補助金の交付申請を行う。

 5. 交付申請を受けて国土交通省において審査し、交付決定を行う。

                                 
□事業実施
 6. 交付決定を受けた補助事業者はその内容に従い、技術開発を行う。 

                               
□実績報告・額の確定
 7. 補助事業が完了したときは、実績報告書を提出する。

 8. 実績報告を受けて国土交通省において審査し、額の確定通知を行う。
    (限度額 国費 5,000万円/年・件  3年以内)

                               

       

□技術開発の報告書の作成
 9.  補助事業者は当該年度に行った技術開発の進捗、成果等を「技術開発報告書」により報告する。
    
 10. 補助事業の全部が完了したときは、技術開発によって得られた成果を「総合技術開発報告書」により報告する。

                                 
□技術開発の成果の評価
 11. 補助事業が完了してから一年経過後、技術開発の成果を審査委員会に報告する。

 12. 報告した技術開発の内容、達成状況、実用化・市場化の状況等について、審査委員会が評価する。
     (成果及びその評価結果については公表予定)

公募期間

平成29年5月22日(月)~平成29年6月22日(木) ※必着

応募者

共同技術開発契約を締結して技術開発を行おうとする者。
(単独での応募、国及び地方公共団体の応募はできません。)

応募書類の入手・お問い合わせ先

募集要領、応募書類のダウンロードは下記のホームページからできます。
<一般社団法人 住宅性能評価・表示協会 住宅・建築物技術高度化事業担当>
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂1-15 神楽坂一丁目ビル6階
HP:http://www.hyoukakyoukai.or.jp/kokko_hojyo/about/29_koudoka_boshuu.html
メール:koudoka@hyoukakyoukai.or.jp
TEL:03-5229-7442  FAX:03-5229-7443

  • 10月は住生活月間
  • サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム

ページの先頭に戻る