建築

災害時拠点強靱化緊急促進事業

印刷用ページ

1.災害時拠点強靱化緊急促進事業とは

 本事業は、学校、民間ビルや病院等の建築物において、帰宅困難者及び負傷者を受け入れるために必要となるスペース、備蓄倉庫及び設備等を整備する事業について、国が予算の範囲内で必要な助成を行い、緊急的な促進を図ることにより、大規模災害時に大量に発生する帰宅困難者等を一時的に受け入れる施設の確保を図ることを目的として、平成26年度に創設されました。

2.事業制度に関する資料

本事業の実施に際して適用される制度要綱等は以下のとおりです。また、制度要綱(補助の要件、対象部分)等を解説したガイドブックを作成しておりますので、事業の検討に際しましてご確認ください。

3.事業実施に係る申請先

・事業主体が地方公共団体である場合は、都道府県都市住宅部局においてとりまとめの上、各地方整備局等に申請します。
・事業主体が民間事業者等である場合は、本事業適用のために必要となる地方公共団体の補助制度を所管する部局に申請します(地方公共団体における補助制度の整備状況については、後ほど情報提供します。)。
※手続き等につきましては、2で紹介しているガイドブックを参照してください。

お問い合わせ先

国土交通省住宅局市街地建築課 再開発係
電話 :03-5253-8111(内線39654,39655)

ページの先頭に戻る