Q1.どうすれば自分が買う住宅が保険などに入っているかわかるのですか。

 事業者には、契約時に、どのような資力確保措置を講じているかについて説明することが義務づけられていますので、事前に知ることができます。


Q2.保険は誰が申し込むのですか?

住宅瑕疵担保履行法によって、保険への加入を義務づけられているのは、あくまで売主や請負主となる業者です。保険料の支払いや保険加入手続きは、事業者(ハウスメーカー、工務店、不動産業者)が行います。ただし、保険料は住宅価格に含めることも可能なので、買主等が保険料分を負担する場合があります。


Q3.保険でも供託でも安心の大きさは変わらないの?

 瑕疵を発見した場合、通常は、売主等の業者に連絡し、業者は補修工事を行うこととなります。万一、その業者が倒産などで補修などが行えない場合は、保険であれば、加入している指定保険法人に保険金の支払いを直接請求することとなり、供託であれば、供託所に還付請求をすることとなります。
 方法は異なりますが、保険・供託ともに、万一の場合でも、新築住宅を取得する際の安心を確保する制度です。
 なお、保険の場合は、住宅紛争処理を利用することができます。



Q4.パンフレットなどの資料はありますか。

 住宅瑕疵担保履行法に関するパンフレットを作成し配布しております。パンフレットが必要な方は下記よりダウンロードして下さい。

 また、マンガでわかる住宅かし担保履行法もご利用下さい。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このページに記載されている内容に関する御質問等は国土交通省住宅局住宅生産課までお問い合わせ下さい。
電話:03-5253-8111