インスペクション(既存住宅の点検・調査)

既存住宅は、新築時の品質や性能の違いに加えて、その後の維持管理や経年劣化の状況により物件ごとの品質等に差があることから、消費者は、その品質や性能に不安を感じています。このような中、既存住宅の売買時点の物件の状態を把握できるインスペクションサービスへのニーズが高まっています。

そこで、既存住宅が資産となる「新たな住宅循環システム」を構築するため、建物状況調査(インスペクション)における人材育成等による検査の質の確保・向上等を進めています。
平成29年2月に創設した既存住宅状況調査技術者講習制度を通じて、既存住宅の調査の担い手となる技術者の育成を進めることにより、宅地建物取引業法の改正による建物状況調査(インスペクション)の活用促進や既存住宅売買瑕疵保険の活用等とあわせて、売主・買主が安心して取引できる市場環境を整備し、既存住宅流通市場の活性化を推進しています。

  

「既存住宅状況調査技術者講習制度」に関する詳細情報は、こちらをご確認ください。

参考資料

ページの先頭に戻る