交通関係統計等資料 >> 産業連関構造調査 >> 平成27年産業連関構造調査 >> 内航船舶品目別運賃収入調査
内航船舶品目別運賃収入調査
 ◆ 調査の概要 ◆
   ■調査の目的
        平成27年(2015年)産業連関表作成のために、内航船舶によって輸送された貨物の品目別運賃収入を把握し、平成27年産業連関表作成のための基礎資料を得ることを目的としています。
   ■調査の沿革
        昭和50年(1975年)産業連関表作成のために、昭和50年度にはじめて実施され、以後、5年毎に実施しています。
   ■調査の根拠法令
        統計法(平成19年法律第53号)
   ■調査の対象
        調査の対象は、内航海運業法第2条第2項に規定する内航運送をする事業を営む者であって、総トン数20トン以上の船舶により貨物を輸送する者のうちから国土交通大臣が選定した者を対象に調査しています。
   ■抽出方法
        抽出方法は、層化一段抽出により、月間輸送量が4万トン以上の事業者は全数とし、4万トン未満の事業者は、使用船舶の用途別及び主要輸送品目別に層別し、無作為抽出しています。
   ■調査事項
        @船舶番号
 A貨物の品名
 B運賃収入額
 
   ■調査票
       内航船舶品目別運賃収入調査(Excel)
内航船舶品目別運賃収入調査(PDF)
       ※上記調査票を開くには、パスワードが必要です。パスワードは、郵送済みの文書内に記載しております。
   ■調査対象期間
        平成27年10月1日から同年10月31日
   ■調査の方法
       <調査経路>
 国土交通省−報告者

<配布・収集方法>
 調査票の配付及び収集は、郵送で行います。
 また、上記「■調査票」よりエクセル形式の電子調査票を取得し、電子メール等で返信することも可能です。

<記入要領>
       記入要領(内航船舶品目別運賃収入)
   
 ◆ 調査の結果 ◆
     本統計調査結果のすべてを非公表とする。
 なお、産業連関表については総務省ホームページにおいて公表されます。
   
 ◆ Q&A ◆

 ◆ 問い合わせ先 ◆
    担当部署 TEL(直通)
国土交通省 総合政策局情報政策課 03-5253-8340

ページの先頭へ