交通関係統計等資料 >> 船員労働統計調査

船員労働統計調査

 

 ◆ 調査の概要 ◆

   ■調査の目的

      

 船員の報酬、雇用等に関する実態を明らかにすることを目的として調査を行っています。

   ■調査の沿革

      

 昭和22年に総理府において毎月勤労統計調査の一部として行ったのが始まりであり、その後、船員を除く陸上産業の労働者の調査が労働省に移管され、総理府で引き続き船員毎月勤労統計として実施していました。昭和32年に運輸省に移管されると同時に船舶船員統計の給与関係の調査等と統合し、統計法に基づく指定統計として、船員労働統計調査規則(昭和32年運輸省令第8号)を制定しました。以来幾度かの改正を経て、統計法(平成19年法律第53号)に基づく基幹統計調査として、現在に至っています。

   ■調査の根拠法令

      

 統計法(平成19年法律第53号)に基づく船員労働統計調査規則(昭和32年運輸省令第8号)により実施しています。

   ■調査の対象

      

 船員法((昭和22年法律第100号)第1条に規定する船員であって、漁船及び特殊船(引船、はしけ及び官公署船をいう。)以外の国土交通大臣が指定する船舶に乗り組む者、漁船に乗り組む者及び特殊船に乗り組む者を対象に調査しています。

   ■抽出方法

      

 漁船に乗り組む者及び特殊船に乗り組む者については、全数調査しています。 漁船及び特殊船以外の日本の船舶に乗り組む者については、漁船及び特殊船以外の全ての日本の船舶を内外航別、船種別、船舶総トン数別に層分けし、無作為抽出した船舶に乗り組む者全てを調査しています。

   ■調査事項

      

 報酬、労働時間、休日及び有給休暇等に関連する事項について調査しています。

   ■調査票

      

第1号様式(船員労働統計調査票(漁船及び特殊船以外の船舶に乗り組む船員についての調査))(PDF)

      

第1号様式(船員労働統計調査票(漁船及び特殊船以外の船舶に乗り組む船員についての調査))(Excel)

      

第2号様式(船員労働統計調査票(漁船に乗り組む船員についての調査))(PDF)

      

第2号様式(船員労働統計調査票(漁船に乗り組む船員についての調査))(Excel)

      

第3号様式(船員労働統計調査票(特殊船に乗り組む船員についての調査))(PDF)

      

第3号様式(船員労働統計調査票(特殊船に乗り組む船員についての調査))(Excel)

   ■調査の時期

      

 漁船及び特殊船(引船、はしけ及び官公署船をいう。)以外の国土交通大臣が指定する船舶に乗り組む者については、毎年6月の一ヶ月間において調査を行っています。ただし、年間総労働時間については、その前年一年間分(1月から12月までの分)について行っています。
漁船に乗り組む者については、毎年一年分(1月から12月までの分)について調査を行っています。
特殊船に乗り組む者については、毎年6月の一ヶ月間において調査を行っています。

   ■調査の方法

      

<調査経路>


   
 国土交通省−地方運輸局・運輸監理部−報告者
            運輸支局・海事事務所−報告者

<配布・収集方法>   
 郵送又はオンライン申請システムを利用した申請

   

 ◆ 調査の結果 ◆

   用語の解説

   結果の概要

   推計方法

   利用上の注意

   ■統計表一覧

      

最新統計表一覧

      

統計表検索

   ■その他

 

平成25年度 船員労働統計母集団調査

      

 船員労働統計の精度向上に資するため、平成25年度において、「船員労働統計母集団調査」を実施しました。調査の詳細についてはこちらをご覧下さい。「船員労働統計母集団調査票」をダウンロードすることもできます。

      

●他の統計調査との関係

      

 本調査は「調査の対象」で記載しているとおり、船員を対象にしています。本調査の対象とならない陸上労働者に係る給与等については、毎月勤労統計調査や賃金構造基本統計調査(いずれも厚生労働省実施の基幹統計調査)により把握されているため、そちらを参照して下さい。

      

毎月勤労統計調査(全国調査、地方調査)

      

毎月勤労統計調査(特別調査)

      

賃金構造基本統計調査(全国)

      

賃金構造基本統計調査(初任給)

   

 ◆ 問い合わせ先 ◆

 

ページの先頭へ