交通関係統計等資料 >> 鉄道輸送統計調査 >> 利用上の注意
   
利用上の注意
   ○調査対象
     鉄道事業法及び軌道法に基づき、許可または特許を受けた鉄道事業者及び軌道経営者並びに鉄道事業法に基づき、許可を受けた索道事業者(ただし、貨物を除く。)が対象となっています。
   ○統計表記載の符号等
     この統計で用いている符号は、次のとおりです。

  「 0 」 ・・・ 単位未満。
  「−」 ・・・ 該当数字がないもの。
  「…」 ・・・ 資料がないか不明のもの。
  「 r 」 ・・・ 公表時以降訂正した数値。

 なお、年報の月別及び推移表の月次数値は、訂正報告に基づく再集計値であり、すでに公表している月報数字と異なることがありますが、この場合印は省略されています。
   ○重複数量の取り扱い
     地方運輸局別の旅客及び貨物輸送数量については、運輸局間重複分を含んで集計しており、運輸局別の実績をそのまま集計しても全国計と一致しません。
 本統計は、総流動ベースの統計であるため、事業者間重複分を全て含み集計しています。