交通関係統計等資料 >> 鉄道輸送統計調査 >> 用語解説
   
用語解説
    営業キロ 旅客・貨物を運送する発着区間に対する駅間のキロ数。運賃や料金などの運送の条件を定めるのに用いる。
    列車キロ 列車が走行したキロ数の累計。
    車両キロ 列車として運転する車両の走行キロ数の累計。(列車キロ)×(編成両数)で表す。
    旅客数量 輸送した人員の数量。
    旅客人キロ(輸送人キロ) 各駅間通過人員に各駅間のキロ程を乗じて全駅分を集計したもの。
    旅客列車キロ 旅客列車が走行したキロ数の累計。
    旅客車(車両)キロ 旅客車(車両)が走行したキロ数の累計。
    新幹線 昭和45年制定の全国新幹線鉄道整備法第二条において、その主たる区間を列車が200km/h以上の高速度で走行できる幹線鉄道と定義される鉄道。
(秋田新幹線、山形新幹線は法規上、上記の定義に当てはまらないため、本統計においても新幹線として扱わない。)
    コンテナ貨物 コンテナを一個単位で貸し切り、コンテナ貨車に積み運転する貨物列車。
    車扱貨物 貨車を一両ごと借り切って運転する貨物列車。
    貨物数量 輸送した貨車の数量。
    輸送トン数 輸送した貨物の数量をトン数で表したもの。
    発送トン数 輸送した貨物トン数のうち、発地ベースでの数量を表したもの。
    貨物トンキロ 各駅間通過トン数に各駅間キロ程を乗じて全駅分を集計したもの。
    貨物列車キロ 貨物列車が走行したキロ数の累計。
    貨物車(車両)キロ 貨物車(車両)が走行したキロ数の累計。
    普通索道 閉さ式搬器(扉を有する箱型の搬器をいう。)を使用して、人又は人及び物を運送する索道。(ロープウェイ)
    特殊索道 椅子式搬器(外部に解放された座席で構成される搬器をいう。)を使用して人を運送する索道。(スキーリフト)
   

ページの先頭へ