民泊制度総合サイトMinpaku

language
  • 文字サイズ

宿泊者の皆様へ

利用者向け

宿泊者の皆様へ~違法民泊の利用はやめましょう~

  • 近年、住宅の一部等を活用して旅行者等に宿泊サービスを提供する民泊サービスが広まっています。
  • 民泊サービスを実施するためには、事業者は、旅館業法上の許可、住宅宿泊事業法の届出、国家戦略特区法上の認定のいずれかの手続きをとらなければなりません。こうした手続きをせず行政の監督を受けずに無断で実施している民泊サービスは、違法民泊です。
  • 違法民泊の場合は、例えば以下のような問題が発生する可能性がより高いと考えられます。
    ・衛生上の措置が講じられておらず、きちんと掃除されていない。
    ・犯罪や病気等の緊急事態が発生しても、事業者が駆けつける体制が整っていない。
    ・事業に対して近隣住民の理解が得られていないために、宿泊中に近隣住民から苦情を受ける。
    ・火災が発生しても、火災警報が鳴らない、消火器がない、避難口がわからない等により、初期消火や避難が遅れる危険性が高い。
    ・鍵が適切に管理されていないために、安心して宿泊できない。
  • 旅館業法上の許可等を受けている合法物件は、保健所等の行政官庁の監督下にあるため、衛生管理や安全確保措置がきちんとなされています。
    安心して宿泊サービスを受けるためにも、違法民泊を利用せず、安全・安全の確保された合法的な民泊を利用するようにしましょう。
  • 合法的な民泊サービスをご利用いただくためには、適切なWEBサイトで民泊サービスを探していただくことが重要です。住宅宿泊事業法上の登録を受けた住宅宿泊仲介業者及び旅行業法上の登録を受けた旅行業者のWEBサイトにおいては、違法民泊を取り扱わないこととしていますので、そうした業者のWEBサイトをご利用ください。登録を受けた住宅宿泊仲介業者及び民泊の仲介を行う予定の旅行業者は以下に一覧を掲載しております。