ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2010年 > 第3回スポーツ・ツーリズム推進連絡会議を開催しました!(概要報告)
ページ本文

第3回スポーツ・ツーリズム推進連絡会議を開催しました!(概要報告)

印刷用ページ

最終更新日:2010年8月6日

 観光庁では、7月28日(水)に、観光庁長官主催による「第3回スポーツ・ツーリズム推進連絡会議」を開催しました。当該会議には、関係省庁、学識経験者、スポーツ関係者、観光関係者から成る委員38名が出席し、4つのワーキングチーム(WT)での課題抽出内容や今後の実証実験(案)に関して討議が行われたほか、これまでのスポーツツーリズムの推進に係る課題や施策の方向性から成る中間報告がまとめられました。

1 開催概要

(1)開催日時:平成22年7月28日(水)10:00~12:15
(2)開催場所:三田共用会議所 4階 第四特別会議室
(3)出 席 者:プロスポーツ団体、スポーツ統括団体、スポーツ競技団体、観光団体、観光関係企業、スポーツ関係企業・有識者、広告代理店、メディア、関係省庁(観光庁、総務省、外務省、文科省、経産省)から38名が出席。

2 主な議事

(1)スポーツツーリズム推進の方向性について
 
事務局より、「スポーツツーリズム推進の意義」「スポーツツーリズムによるインバウンド推進の考え方」「スポーツツーリズム推進連絡会議のこれから」などの観点から説明を行い、スポーツツーリズム推進の方向性について改めて委員間の意識の共有を図った。
(詳細は資料1参照)

(2)各ワーキングチーム(WT)による課題抽出内容について
 
「スポーツツアー造成WT」「チケッティング改善WT」「国際化・国際交流WT」「施設魅力化・まちづくりWT」の4WTの座長又は副座長より、各WTでの議論から抽出された課題について報告が行われた。
(詳細は資料2参照)

(3)各WTで抽出された課題の検証イメージについて
 
事務局より、各WTで抽出された課題の検証方策として、「実証実験」「調査項目」「その他検討事項」に分けて、今後の具体的な実施案を示し、討議を行った。
(詳細は資料3~6参照)

(4)中間報告について
 
事務局より、これまでの議論及び今後の方向性についてまとめた「中間報告」を説明し討議を行った。中間報告の骨子は以下の通り。
(詳細は資料7参照)
  ・はじめに ~スポーツツーリズムとは~
  ・1) スポーツツーリズムの目指す姿
  ・2) これまでの議論の整理
  ・3) スポーツツーリズム推進基本方針策定に向けて
  ・おわりに
  ・<別添>【これまでの議論で出された主な意見内容】~スポーツツーリズムヒント集~
  ・参考資料

3 今後の進め方について

 8月下旬に開催予定の各WTにおいて、実証実験の検証内容について具体化を図り、9月以降順次、実証実験を開始し、それと並行して各種調査や検討事項の議論も行う。各事業の進捗状況や実施結果は、今後2、3ヶ月おきに開催する推進連絡会議で報告をするとともに、年度末に策定するスポーツツーリズム推進基本方針に反映する。
aisatsu
観光庁長官挨拶(冒頭・締め)
kaigizenkei
会議全景
このページに関するお問い合わせ
観光庁スポーツ観光推進PT
坪田、原田、中村
代表 03-5253-8111(内線:27-711、27-821)
直通 03-5253-8925