ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2012年 > モータースポーツ観光活性化全国協議会を立ち上げます
ページ本文

モータースポーツ観光活性化全国協議会を立ち上げます

印刷用ページ

最終更新日:2012年2月28日

◆スポーツツーリズム推進のため、モータースポーツと全国7サーキットを観光資源として見出し、国内観光活性化及びインバウンド拡大を図るため、全国協議会を立ち上げます。
◆本協議会ではサーキット、自動車団体と関係自治体・観光協会そして旅行会社等の連携・共同により、レース観戦の旅行商品化やサーキットイベントの充実、7サーキット共同でのキャンペーン、モータースポーツ情報の総合的な海外発信などを実現します。
 スポーツツーリズム推進の観点から、F1日本グランプリをはじめとしたモータースポーツと世界に誇る7つのサーキットの観光資源としての魅力と可能性は極めて高いものがあります。
 このため、観光庁の呼びかけにより、全国7サーキット、レース主催自動車団体と、サーキット所在・周辺の自治体・観光団体、旅行会社、交通機関等の連携と具体策の検討を行う全国協議会を立ち上げ、下記のとおりキックオフ会議を開催します。
 本協議会での取組により、例えば、周辺観光・物産とレース観戦を結びつけた観光商品の造成、サーキットを活用した市民マラソン等の地域活性イベントの充実、複数サーキット共同でのキャンペーン展開、全モータースポーツイベントの総合的な海外発信などを実現し、自動車旅行やツーリングの普及にもつなげていきます。


 1.日 時 平成24年3月3日(土)13:15~15:00
 2.場 所 鈴鹿サーキット VIPスイート5F「No.4・5」(三重県鈴鹿市稲生町7992)
 3.主な議事(予定)
  (1)開会挨拶 観光庁長官 溝畑 宏
  (2)開催県挨拶 三重県知事 鈴木 英敬
  (3)開催市挨拶 鈴鹿市長 末松 則子
  (4)各サーキットにおけるスポーツツーリズムの取組について
  (5)モータースポーツの観光資源としての今後の活用策について
  (6)その他
  *本協議会に先立ち、「鈴鹿サーキット50 周年ファン感謝デー」オープニングセレモニー後の12:20~12:30の間、長官から場内の方々に対し、特別スピーチが行われます(於「グランドスタンド下レンガエリア」)。

取材について
 取材登録は3 月1 日(木)までに、(株)モビリティランド 東京オフィス 広報・宣伝販促室 上野 禎久
 TEL:03-3278-0731 携帯:090-5624-5909 FAX:03-3278-0733 E-mail:media@mobilityland.co.jp までお願いします。
このページに関するお問い合わせ
観光庁スポーツ観光推進室
坪田(内線 27-711)、小林(内線 27-708)
代表 03-5253-8111
直通 03-5253-8327
FAX 03-5253-8930