ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2009年 > 全国共通の観光統計整備に向けて
ページ本文

全国共通の観光統計整備に向けて

印刷用ページ

最終更新日:2009年2月12日

新潟県、岡山県で第2回試験調査を実施します

  観光庁では、各都道府県が独自の手法で調査している「実際の観光客数」や「都道府県の観光消費額」等について、都道府県間で比較可能な統計とするために、全国共通で活用できる調査方法(共通基準)の検討をしています。
 検討中の共通基準についての評価、課題分析を行うため、第1回試験調査(平成20年11月)に引き続き、今回第2回試験調査を実施します。
 併せて今回の調査では、正確な入込客数の把握が難しい観光地点注)における入込客数の調査・推計手法を検討するため、岡山県倉敷市の倉敷美観地区を対象に、試験調査を行います。
 
注)有料入場者数などの正確なカウントができない観光資源を持つ観光地点
   例:「街並みを楽しみに来訪する入込客数が多い観光地」、「お祭りなどの明確な境界を持たないイベント」、「海水
           浴客の多い砂浜」など
 
1.第2回試験調査の概要
(1)観光入込客調査・観光消費額調査(詳細:別紙1、2参照)
  [1] 調査実施日
     2月15日(日)10:00~17:00 調査員による面接調査
  [2] 調査地点
     新潟県及び岡山県の観光地(各県20箇所)
  [3] 調査内容
      ○観光客の基本情報(性別、居住地等) 
      ○旅行の概要(日帰り・宿泊の別、同行者数等)
      ○訪問箇所・地点数
      ○観光消費額 等
 
(2)倉敷美観地区における試験調査(詳細:別紙3参照)
  [1] 調査実施日
       2月15日(日)8:00~18:00 調査員による通行量調査及び面接調査
  [2] 調査地点
       岡山県倉敷市倉敷美観地区
  [3] 調査内容
      ○入込箇所における通行量 
        ○訪問箇所・地点数・滞留時間 等
 
2.今後のスケジュール
   平成21年 2月       第2回試験調査(岡山県、新潟県)
  平成21年 3月          平成20年度試験調査等を踏まえた課題の整理  
    平成21年 4月~9月 平成21年度試験調査(第1四半期、第2四半期)
  平成21年12月       全国観光入込客統計・観光消費額統計の「共通基準」策定
  平成22年度        共通基準に則った都道府県観光統計の実施
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光経済担当参事官付(担当 渡辺・福田・長谷・鈴木)
  TEL 03-5253-8111(内線27-211、212、213、216)
          03-5253-8325(直通)
  FAX 03-5253-1563