ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2009年 > 第2回都道府県観光統計検討委員会の開催結果
ページ本文

第2回都道府県観光統計検討委員会の開催結果

印刷用ページ

最終更新日:2009年8月6日

○観光庁では、「実際の観光客数(実人数)」や「観光消費額」等について、都道府県間で比較可能な統計とするため
   の調査方法(共通基準)の整備を進めています。
○第2回都道府県観光統計検討委員会を開催しました。(45都道府県及び14政令指定都市担当者が参加。)第1回
   試験調査の結果報告と共通基準導入に向けた実務上の課題等について、活発な意見交換・情報交換を行いました。
○8月に第2回試験調査を実施。さらに地域を拡大した追加試験調査を実施する予定です。
 
1.平成21年度第1回試験調査の概要
   調査日時:6月21日(日)10:00~17:00 
   調査方法:調査委員による面接調査(観光地点)
   調査地点:道県内各10箇所の観光地点
   調査内容:○観光客の基本情報(性別、居住地等)
          ○旅行の概要(日帰り・宿泊の別、同行者数等)
          ○旅行行動実態(訪問箇所・地点数・利用交通機関)
          ○観光消費額
                    ○再来訪意向 等         
  結果概要:別紙1のとおり
 
2.第2回都道府県観光統計検討委員会の開催概要について
    開催日時:平成21年8月3日(月)13:00~16:00
   開催場所:三田共用会議所 3階 大会議室 
   主な議題:(1)第1回試験調査の結果報告
          (2)共通基準の方針
          (3)意見交換(共通基準の導入に向けた実務的課題)
   議事概要:別紙2のとおり
 
3.試験調査の実施について
  (1)第2回試験調査(パラメータ調査)の概要(詳細は別紙3、4、5のとおり)
     調査日程:8月9日(北海道・宮城県・神奈川県・新潟県・福井県・奈良県・岡山県・山口県・愛媛県・長崎県・
                                     宮崎県)
            8月16日(長崎県)
     検証内容:観光のトップシーズンである8月に調査を実施し、第1回試験調査とのサンプル数の確保等を比較・
                       検証する。
 
  (2)追加試験調査の実施について
     調査概要:交通流動により入込客の実人数を把握している地域の取扱いを検討すること等を目的とする。
     追加地域:長野県・京都府・兵庫県・大阪市・京都市
     調査日程:9月・11月を予定
 
4.今後のスケジュール
   平成21年10月 第3回都道府県観光統計検討委員会
   平成21年12月 全国観光入込客統計・観光消費額統計の「共通基準」策定
   平成22年 4月 共通基準に則った都道府県観光統計の実施
このページに関するお問い合わせ
 観光庁観光経済担当参事官付 津留、鈴木、高石
   代表 03-5253-8111(内線 27-204、27-216、27-215)
     直通  03-5253-8325