ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2010年 > 観光旅行の動向と課題に関する分析結果を取りまとめました
ページ本文

観光旅行の動向と課題に関する分析結果を取りまとめました

印刷用ページ

最終更新日:2010年2月3日

   観光庁では、昨年発表した観光白書(6月2日閣議決定)において、「国民の観光旅行に関する動向と課題」として、若年層・家族層・団塊世代等を対象に、観光旅行の動向に影響を与える要因等について検証を行ったところです。
 
   今般、観光白書の発表後に収集したデータや観光関係者との意見交換の結果を踏まえ、観光旅行について、新たなアプローチでの分析を行いました(概要は【別添1】、本文は【別添2】をご参照ください。)。
 
   これらの分析結果について、引き続き様々な関係者からのご意見を頂くとともに、国内観光旅行の振興など観光立国の実現に向けた戦略的な施策づくりに活かしていくこととしています。
 
※ 別添1については、旅行会社(2社)、交通関係企業(4社)、観光コンサルティング企業(1社)と意見交換を実施。
このページに関するお問い合わせ
   観光庁観光経済担当参事官付
      渡邊、嶋村、畑
         代表  03-5253-8111(内線 27-211、27-213、27-218)
         直通  03-5253-8325