ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2011年 > 観光統計を活用した実証分析に関する論文を募集します!~科学的・実証的アプローチによる観光振興施策の促進に向けて~
ページ本文

観光統計を活用した実証分析に関する論文を募集します!~科学的・実証的アプローチによる観光振興施策の促進に向けて~

印刷用ページ

最終更新日:2011年7月29日

 観光庁では、次世代を担う観光政策の研究者・実務者の研究を奨励するとともに、観光施策の企画・立案及び成果検証における観光統計の積極的な活用を促進することを目的として、「観光統計を活用した実証分析に関する論文」を募集します。
 観光統計を活用して、観光旅行に関する市場・産業分析や消費行動分析、観光振興施策の効果分析等について調査及び分析を行った専門的な論文を対象とし、国、地方公共団体、観光事業者・関係団体等における観光に関する諸活動への貢献が顕著であると認められるものについて、観光庁長官による「長官賞」及び審査委員会による「審査委員会奨励賞」について表彰を行います。
 科学的・実証的アプローチによる観光振興施策の促進に向け、若手研究者、実務家等からの積極的な応募を歓迎します!

<募集概要> ※詳細は別添の募集要項をご覧ください。

1.募集期間
  平成23年7月29日(金)~平成23年11月18日(金)

2.応募資格
  個人、グループ、研究機関及び国籍は問いません。

3.応募規定
(1)論文は未発表のもので、著作権等に関し問題のないものに限ります。
(2)提出するもの:論文(A4判10枚以上15枚以下)及び要約(A4判1枚以内)

4.審査・発表
(1)有識者による審査委員会を設置し、審査のうえ、優秀な論文を決定します。
(2)審査結果は平成24年2月頃に通知するとともに、入賞者には観光庁長官から表彰状が贈られます。

<審査委員>
桜本 光  慶應義塾大学商学部教授
兵藤 哲朗 東京海洋大学海洋工学部流通情報工学科教授
西村 幸夫 東京大学副学長
梅川 智也 財団法人日本交通公社研究調査部長 
沢登 次彦 株式会社リクルート 旅行ディビジョン じゃらんリサーチセンター センター長  
このページに関するお問い合わせ
観光庁参事官(観光経済担当)付
北島、鈴木
代表 03-5253-8111(内線 27-214、27-216)
直通 03-5253-8325