ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2012年 > 旅行・観光消費動向調査(平成23年7-9月期(速報))追加分析~性別・年代別・旅行目的別等の動向~
ページ本文

旅行・観光消費動向調査(平成23年7-9月期(速報))追加分析~性別・年代別・旅行目的別等の動向~

印刷用ページ

最終更新日:2012年2月20日

○宿泊観光旅行における消費単価は、50代女性が60,047円で最も高く、
次に40代男性が53,598円(別紙3ページ)。

○日帰り観光旅行における消費単価は、20代男性が17,235円で最も高く、
次に40代男性が15,857円(別紙4ページ)。

○宿泊観光旅行における延べ旅行者数は、40代男性が約566万人で最も多く、
  次に60代女性が約520万人(別紙10ページ)。

○日帰り観光旅行における延べ旅行者数は、40代男性が約622万人で最も多く、
次に20代女性が約570万人(別紙11ページ)。

○宿泊観光旅行における消費額は、40代男性が約3,032億円で最も高く、
次に60代女性が約2,712億円(別紙12ページ)。

○日帰り観光旅行における消費額は、40代男性が約986億円で最も高く、
次に60代女性が約727億円(別紙13ページ)。
 旅行・観光消費動向調査(平成23年7-9月期(速報))の集計結果については、平成23年12月22日に公表済みですが、集計結果だけでは判明しない年代別や費目別の数値について、追加的に詳細な分析を行いました。

 分析結果の詳細は、別紙を参照ください。
このページに関するお問い合わせ
観光経済担当参事官付
神山、北島、湯原
代表 03-5253-8111(内線27-219、27-214、27-212)
直通 03-5253-8325
FAX 03-5253-1563