ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2014年 > 宿泊旅行統計調査 平成26年4-6月期(暫定値)を公表します
ページ本文

宿泊旅行統計調査 平成26年4-6月期(暫定値)を公表します

印刷用ページ

最終更新日:2014年9月24日

宿泊旅行統計調査(平成26年4月~6月・暫定値)
~延べ宿泊者数は約1億1,039万人泊で、前年同期比+1.8% ~

○当期の延べ宿泊者数は約1億1,039万人泊で、前年同期比+1.8%であった。
○その内、外国人延べ宿泊者数は約1,171万人泊で、前年同期比+32.1%と、
 平成25年第3四半期より連続で30%超の伸び率であった。また、延べ宿泊者
 数全体に占める外国人宿泊者数の割合は10.6%と、2期連続で最高値を更新
 した。
○一方、日本人延べ宿泊者数は約9,868万人泊で、前年同期比-0.9%であるこ
 とから、延べ宿泊者数全体の伸びは外国人延べ宿泊者数の増加が寄与してい
 るといえる。
○国籍(出身地)別で外国人延べ宿泊者数の伸び率をみると、フィリピン(前年同期
 比+101.4%)、中国(同+83.6%)、マレーシア(同+61.4%)、タイ(同+45.3%)
 等が、大幅に拡大した。
○客室稼働率を宿泊施設タイプ別でみると、シティホテル76.2%、ビジネスホテル
 70.7%、リゾートホテル50.0%の稼働率となっており、これらの施設タイプでは、
 調査開始以来、第2四半期(4月-6月)としては最も高い客室稼働率であった。
このページに関するお問い合わせ
問い合わせ先
観光庁観光戦略課 森(内線 27-211)
     観光戦略課調査室 山本、佐藤、梶原、岸本
TEL 03-5253-8111(内線 27-214、27-215、27-217)
   03-5253-8325(直通)
FAX 03-5253-1563