ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2016年 > 宿泊旅行統計調査(平成28年4月・第2次速報、平成28年5月・第1次速報)
ページ本文

宿泊旅行統計調査(平成28年4月・第2次速報、平成28年5月・第1次速報)

印刷用ページ

最終更新日:2016年6月30日

宿泊旅行統計調査の平成28年4月の調査結果(第2次速報値)、5月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。

1.延べ宿泊者数

○平成28年4月の延べ宿泊者数(全体)は、3,850万人泊(前年同月比+1.7%)と、
 4月としては平成19年の調査開始以来、最高となった。
 また、平成28年5月の延べ宿泊者数(全体)は4,052万人泊で、前年同月比-5.6%であった。

○日本人延べ宿泊者数は、平成28年4月はGWの日並びの悪さにより、
 GW後半(5月)よりも前半(4月末)の伸びが大きかったと考えられる一方で、
 熊本地震の影響があったため、前年同月比+0.0%となった。平成28年5月は前年同月比-7.0%であった。

○外国人延べ宿泊者数は、訪日外国人旅行者数の増加を受け、4月は前年同月比が+10.1%となった。
 また、5月は+3.6%であった。最近の三大都市圏における高水準の客室稼働率と、
 それに伴う客室単価の上昇とともに、熊本地震の影響が宿泊者数の伸び率の鈍化につながっている可能性がある。

2.客室稼働率

○平成28年4月の客室稼働率は全体で58.4%と、現在の集計方法となった平成23年以降、
 4月としては過去最高の稼働率であった。
 また、ビジネスホテル(73.9%)、リゾートホテル(53.9%)、旅館(33.5%)も、4月としては過去最高となった。
 平成28年5月の客室稼働率は全体で57.9%であった。

○平成28年4月に客室稼働率が80%を超えた都道府県は、シティホテル13箇所(平成27年4月:12箇所)、
 ビジネスホテル8箇所(平成27年4月:8箇所)、リゾートホテル4箇所(同:3箇所)であった。

 特に大阪府では引き続き高い客室稼働率が続いており、ビジネスホテル88.8% 、シティホテル88.0% 、
 リゾートホテル83.4%となった。

○一方、熊本地震の影響により、九州地方の4月の客室稼働率は全体で51.4(前年同月差-7.1%)となった。
 宿泊施設タイプ別でみると、リゾートホテル43.9%(同-12.6%)、シティホテル63.7%(同-8.4%)
 となるなど、低下がみられた。
このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光戦略課調査室 佐藤、青柳、星野
TEL :03-5253-8111(内線 27-214、27-217)
    03-5253-8325(直通)
FAX :03-5253-1563