ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2016年 > 宿泊旅行統計調査(平成28年6月・第2次速報、平成28年7月・第1次速報)
ページ本文

宿泊旅行統計調査(平成28年6月・第2次速報、平成28年7月・第1次速報)

印刷用ページ

最終更新日:2016年8月31日

宿泊旅行統計調査の平成28年6月の調査結果(第2次速報値)、7月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。

延べ宿泊者数

○平成28年6月の延べ宿泊者数(全体)は、3,700万人泊(前年同月比-1.2%)であった。
 また、平成28年7月の延べ宿泊者数(全体)は4,579万人泊(同+2.2%)で、
 7月としては、調査開始以来の最高値となった。

○日本人延べ宿泊者数は、平成28年6月は、前年同月比-2.9%の微減となった。
 平成28年7月は前年同月比+0.4%であった。

○外国人延べ宿泊者数は、6月は前年同月比が+9.0%、7月は+13.2%であり、引き続き伸びている。

○九州地方における延べ宿泊者数(全体)の前年同月比は、5月は-18.4%、6月は-7.7%であり、
 7月は第1次速報値ではあるが、-0.6%まで回復している。

客室稼働率

○平成28年6月の客室稼働率は全体で57.2%であった。
 また、平成28年7月の客室稼働率は全体で63.4%であった。

○平成28年6月に客室稼働率が80%を超えた都道府県は、シティホテル7箇所(平成27年6月:13箇所)、
 ビジネスホテル3箇所(平成27年6月:4箇所)、リゾートホテル1箇所(同:2箇所)であった。

 特に大阪府では引き続き高い客室稼働率が続いており、シティホテル86.1% 、
 ビジネスホテル83.9% 、リゾートホテル78.8%となった。
 また、京都ではシティホテル90.6% 、ビジネスホテル85.7%と客室稼働率が最も高かった。

○九州地方の6月の客室稼働率は全体で52.5%(前年同月差- 0.2 %)、
 宿泊施設タイプ別でみると、シティホテル68.2%(同- 3.7 %)となるなど、
 熊本地震の影響が残るものの、前月に比べ、改善の傾向がみられた。

 ※平成28年5月の九州地方の客室稼働率は、全体で53.6%(前年同月差-5.5%)、
  シティホテル67.5%(同-12.2%)

このページに関するお問い合わせ
観光庁観光戦略課調査室 伊藤、青柳
TEL 03-5253-8111(内線27-214、27-217)
   03-5253-8325(直通)
FAX 03-5253-1563