ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2017年 > 訪日外国人消費動向調査 平成28年年間値(確報)
~訪日外国人旅行消費額3兆7,476億円~
ページ本文

訪日外国人消費動向調査 平成28年年間値(確報)
~訪日外国人旅行消費額3兆7,476億円~

印刷用ページ

最終更新日:2017年3月31日

○平成28年の訪日外国人旅行消費額(確報)は3兆7,476億円、前年(3兆4,771億円)に比べ7.8%増。
○1人当たり旅行支出(確報)は15万5,896円(前年比11.5%減)。

訪日外国人消費動向調査の結果概要

1.訪日外国人全体の旅行消費額

●平成28年(2016年)の訪日外国人全体の旅行消費額(確報)は3兆7,476億円と推計され、前年(3兆4,771億円)に比べ7.8%増加した。
●国籍・地域別に旅行消費額をみると、中国が1兆4,754億円(構成比39.4%)と最も大きい。次いで、台湾5,245億円(同14.0%)、韓国3,577億円(同9.5%)、香港2,947億円(同7.9%)、米国2,130億円(同5.7%)の順となっており、これら上位5カ国で全体の76.5%を占めた。
●費目別に旅行消費額をみると、買物代(38.1%)が最大となったが、前年(41.8%)に比べ減少した。一方、宿泊料金、飲食費及び交通費が前年に比べ増加した。

2.訪日外国人1人当たりの旅行支出

●平成28年の訪日外国人1人当たり旅行支出(確報)は15万5,896円であり、前年(17万6,167円)に比べ11.5%減少した。
●国籍・地域別にみると、オーストラリアが最も高く(24万7千円)、次いで中国(23万2千円)、スペイン(22万4千円)の順で高い。
●中国においては、1人当たり旅行支出が前年比18.4%減少し、調査対象の国籍・地域の中では最大の減少幅となった。
●訪日外国人1人当たり旅行支出を費目別にみると、買物代(5万9千円)と最も高く、次いで宿泊料金(4万2千円)、飲食費(3万2千円)の順で高い。宿泊料金は、オーストラリア、スペイン、英国、ドイツ、イタリア等の欧米豪の国々が上位を占めている。一方、買物代は中国で12万3千円と最も高い。
詳しくは、以下のプレスリリース資料をご覧下さい。
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光戦略課調査室
中村、星野
代表 03-5253-8111(内線27-216)