ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2017年 > 訪日外国人消費動向調査【トピックス分析】
平成29年7-9月期 訪日外国人旅行者の宿泊施設利用動向
~訪日外国人旅行者の「有償での住宅宿泊」利用率は12.4%~
ページ本文

訪日外国人消費動向調査【トピックス分析】
平成29年7-9月期 訪日外国人旅行者の宿泊施設利用動向
~訪日外国人旅行者の「有償での住宅宿泊」利用率は12.4%~

印刷用ページ

最終更新日:2017年11月15日

近年、訪日外国人旅行者の宿泊施設利用動向に変化が生じており、日本滞在中の利用宿泊施設において「その他」 の利用率が上昇している。こうした動きを受け、日本滞在中の利用宿泊施設の選択肢として平成29年7-9月期より「有償での住宅宿泊」を追加し、利用動向をとりまとめた。
 

1.訪日外国人旅行者の宿泊施設利用動向

〇平成29年7-9月期における訪日外国人旅行者の「有償での住宅宿泊」の利用率は12.4%であった。

2.訪日外国人観光客の宿泊施設利用動向

観光・レジャー目的の訪日外国人旅行者は、14.9%が「有償での住宅宿泊」を利用しており、以下の特徴があった。
〇国籍・地域別の利用率は、「シンガポール」「フランス」「インドネシア」「オーストラリア」の順に多い
〇客層のうち、年代は「20代以下」の若年層、同行者は「家族・親戚」「友人」が多く、 往復交通手段は「LCC」利用者が非利用者より多い
〇都道府県訪問率は、 「大阪府」「京都府」が高い
〇旅行中にしたことは、「繁華街の街歩き」「テーマパーク」「日本のポップカルチャーを楽しむ」等が非利用者より多い
 
詳しくは、以下のプレスリリース資料をご覧ください。
平成29年7-9月期の詳細結果については、以下のホームページをご覧ください。
このページに関するお問い合わせ
観光戦略課観光経済調査室 曽我、秋元
TEL 03-5253-8111(内線27-223、27-216)、03-5253-8325 (直通)
FAX 03-5253-1563