ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2018年 > 平成29年訪日外国人消費動向調査【トピックス分析】
訪日外国人旅行者の訪日回数と消費動向の関係について
~ 韓・台・香・中の訪日回数の多いリピーターは1人当たり旅行支出が高い~
ページ本文

平成29年訪日外国人消費動向調査【トピックス分析】
訪日外国人旅行者の訪日回数と消費動向の関係について
~ 韓・台・香・中の訪日回数の多いリピーターは1人当たり旅行支出が高い~

印刷用ページ

最終更新日:2018年3月20日

平成29年訪日外国人消費動向調査トピックス分析として、リピーターの消費動向についてとりまとめた。

概要

○訪日外国人旅行者の61.4%が訪日回数2回目以上のリピーター。リピーターの割合は、ほぼ横ばいで推移しているが、リピーター数は大きく増加。
○観光・レジャー目的の訪日外国人旅行者のリピーターの国籍別構成比では、韓国(30%)、台湾(25%)、中国(18%)、香港(13%)の順に多く、東アジア近隣4ヶ国・地域で86%を占めており、今回この4ヶ国・地域のリピーターについて分析を行った
○訪日回数の増加とともに1人当たり旅行支出が高くなる傾向があり、特に「10回以上」の客層では1回目に比べ2~4割程度高い。
○訪日回数が増えると、地方を訪れる割合が高くなる。また、ひとり旅の割合が高くなり(香港は「夫婦・パートナー」の割合が増加)、個別手配の割合が高くなる傾向がある。
○日本滞在中の行動は、訪日回数が増えるほど「日本の酒を飲むこと」「温泉入浴」は増える傾向。
○「スキー・スノーボード」「スポーツ観戦」は次回の訪日で実施したいとの希望が国籍・地域、訪日回数にかかわらず実績を上回っている。


詳しくは、以下のプレスリリース資料をご覧ください。
平成29年の詳細結果については、以下のホームページをご覧ください。
このページに関するお問い合わせ
観光戦略課観光経済調査室 曽我、秋元
TEL 03-5253-8111 (内線27-223、27-216) / 03-5253-8325 (直通)
FAX 03-5253-1563