ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2018年 > 訪日外国人消費動向調査2018年7-9月期(1次速報)及び4-6月期(2次速報)について
ページ本文

訪日外国人消費動向調査2018年7-9月期(1次速報)及び4-6月期(2次速報)について

印刷用ページ

最終更新日:2018年10月16日

〇2018年7-9月期の訪日外国人旅行消費額は1兆884億円、1人当たり旅行支出(一般客)は15万5,522円。

訪日外国人消費動向調査の結果概要

2018年7-9月期(1次速報)

〇 訪日外国人旅行消費額(1次速報)は、1兆884億円。このうち一般客(クルーズ客を除く訪日外国人)の旅行消費額は1兆618億円、クルーズ客(船舶観光上陸許可者)の旅行消費額は266億円。
〇 訪日外国人1人当たり旅行支出は、一般客が15万5,522円、クルーズ客が3万5,788円。

2018年4-6月期(2次速報)

〇 訪日外国人観光客の都道府県別訪問率は、大阪府(41.8%)、東京都(41.6%)、千葉県(34.1%)の順に高い。
〇 訪日外国人観光客の都道府県別1人当たり旅行中支出は、東京都(8.1万円)、北海道(7.3万円)、沖縄県(6.6万円)の順に高い。
 
詳しくは、以下のプレスリリース資料をご覧下さい。
詳細結果は、以下のページをご覧下さい。
このページに関するお問い合わせ
観光戦略課観光統計調査室 曽我、秋元
TEL 03-5253-8111(内線27-223、27-216)、03-5253-8325 (直通)
FAX 03-5253-1563