ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2019年 > 宿泊旅行統計調査(令和元年7月・第2次速報、令和元年8月・第1次速報)
ページ本文

宿泊旅行統計調査(令和元年7月・第2次速報、令和元年8月・第1次速報)

印刷用ページ

最終更新日:2019年9月30日

宿泊旅行統計調査の令和元年7月(第2次速報値)及び令和元年8月(第1次速報値)の調査結果を取りまとめました。

1.延べ宿泊者数

○令和元年7月の延べ宿泊者数(全体)は、4,732万人泊で、前年同月比+0.4%であった。また、8月の延べ宿泊者数(全体)は5,886万人泊で、前年同月比-1.4%であった。
○日本人延べ宿泊者数は、7月は、前年同月比-0.8%であった。 また、8月は前年同月比-2.4%であった。
○外国人延べ宿泊者数は、7月は、 958万人泊で、前年同月比+5.1 %であり7月としては調査開始以来の最高値であった。また、8月は前年同月比+4.5%であった。

2.客室稼働率

○令和元年7月の客室稼働率は全体で62.9%であった。また、8月は全体で69.3%であった。
○令和元年7月に客室稼働率が80%を超えた都道府県は、リゾートホテル2箇所(平成30年7月: 2箇所)、ビジネスホテル9箇所(前年同月:8箇所)、シティホテル12箇所(前年同月:10箇所)であった。
○全体の稼働率では、東京都と大阪府が79.6%と全国で最も高い値であった。
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光戦略課観光統計調査室 中島・湯原・迫下
TEL03-5253-8111(内線27-214.27-216.27-217)・03-5253-8325(直通)