ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2009年 > 「インバウンド医療観光に関する研究会」の立ち上げについて
ページ本文

「インバウンド医療観光に関する研究会」の立ち上げについて

印刷用ページ

最終更新日:2009年6月24日

 観光庁では、観光立国推進基本計画の基本的な目標である「2010年までに訪日外国人旅行者数を1,000万人」の達成に向け、ビジット・ジャパン・キャンペーンをはじめとする各種施策を実施しておりますが、本年3月には、観光立国推進戦略会議より「訪日外国人2,000万人時代の実現へ」と題する提言が取りまとめられ、中長期的にさらなる訪日外国人旅行の促進に取り組むこととしております。
 このような状況の中、訪日魅力の一つであるインバウンド医療観光について、ネットワーク作りや障害の除去等スムーズに受け入れることができるよう、今般、以下のとおり「インバウンド医療観光に関する研究会」を立ち上げることにしましたので、ご案内いたします。
 当研究会におきましては、現状の課題の整理や実証事業の実施等を通じて、インバウンド医療観光の振興に向けた今後の方向性について検討したいと考えております。
 
1.スケジュール
   7月を目途に、第1回研究会を開催
   年度内に3回程度、開催予定
 
2.メンバー
   別紙のとおり
このページに関するお問い合わせ
 観光庁国際観光政策課
   子安、廣岡
       代表 03-5253-8111(内線 27407、27411)
       直通 03-5253-8324