ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2018年 > 簗国土交通大臣政務官が、パリでフランス観光関係者と会談を行いました!            ~日仏友好160周年を契機とした日仏観光交流の促進~
ページ本文

簗国土交通大臣政務官が、パリでフランス観光関係者と会談を行いました!            ~日仏友好160周年を契機とした日仏観光交流の促進~

印刷用ページ

最終更新日:2018年5月8日

 簗国土交通大臣政務官は、4月29日(日)から5月1日(火)までフランス・パリに出張しました。  本出張において、日仏友好160周年における日仏観光交流促進に向けた取組について、フランス観光開発機構(Atout France)等の主要関係機関との間で、「Enjoy my Japanグローバルキャンペーン」をはじめする我が国の訪日プロモーション施策を説明しつつ議論を行い、今後、日仏間で各種企画・イベントを共同で展開していくことで一致しました。

フランス観光開発機構(Atout France)カゾボン総裁補佐との会談

(1) 日程:平成30年4月30日(月)
(2) 概要:     
  • 簗政務官とカゾボン総裁補佐は、10年前の日仏友好150周年における日仏観光当局間の協力事業の有効性を確認しつつ、日本に続いてフランスがラグビーワールドカップとオリンピック・パラリンピックという世界規模のスポーツ・イベントを開催するという時期を迎える中で、本年の日仏友好160周年が両国の観光交流を一層加速化する好機であることを確認しました。
  • さらに、かかる観光交流加速化のための取組について議論する中で、簗政務官から、我が国が本年2月からフランスを含め欧米豪市場で展開している「Enjoy my Japan グローバルキャンペーン」のプロモーション映像を紹介しつつ、日仏友好160周年における協力事業の内容について議論しました。

フランス観光開発機構カゾボン総裁補佐との会談の様子

エールフランス航空ピュシォ上級副社長(アジア太平洋地域担当)及びルー上級副社長(アライアンス担当)との会談

(1)日程:平成30年4月30日(月)
(2)概要:
  • 簗政務官とピュシォ上級副社長及びルー上級副社長は、本年の日仏友好160周年が両国の観光交流を一層加速化する好機であり、観光交流促進のために航空輸送が果たす役割が重要である点について一致しました。
  • 簗政務官から、日仏間の観光交流事業への協力を呼びかけたのに対し、ピュシォ上級副社長から、事業形成に向けて協力していきたい旨応えました。
  • なお、併せて簗政務官から、現在我が国で取り組んでいる「航空機の落下物対策」について先方の協力を要請し、その理解を得ました。

   

  

                                                                                                                                                                                                                                  左より、ルー上級副社長・簗政務官・ピュシォ上級副社長                 会談の様子


                                                                                                                                 
このページに関するお問い合わせ
観光庁国際観光課欧米豪市場推進室(担当:佐藤、番井)
代表:03-5253-8111(内線:27-517、27-527)
直通:03-5253-8928